--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2011年02月23日(水) 記事No.99
★☆ 健康お役立ち情報
 《 肥満が引き起こす様々な病気 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第3回:「肥満」とインスリン抵抗性


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)を
しっかり摂ることによって健康的な体を取り戻すことが出来ます。


一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず、食事から摂る必要があります。
それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。


このシリーズでは、肥満による影響をお伝えしています。

特に「内臓脂肪型肥満」は病気になるリスクが高く
高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態を
いわゆる「メタボリック症候群=代謝異常」とされています。


肥満によって引き起こされることの一つに
インスリン抵抗性があります。


インスリンとは血液中のブドウ糖を処理し、
血糖値を下げる役割を持つホルモンですが

その働きが悪くなってしまうのです。


内臓脂肪が多いと、インスリン受容体の感受性が鈍くなり
糖をうまく受け取ることが出来なくなります。


するとはインスリンと分離して血液中にとどまってしまい
血液中のブドウ糖の量が減ることがなく、高血糖の状態にしてしまいます。


高血糖の状態が続くと、脳はインスリン不足と判断し
さらにインスリンを分泌させます。


しかし、それでも内臓脂肪の影響で糖を処理する事ができず
インスリンの働きや作用が次第に鈍くなっていくのです。


このようにして、インスリン抵抗性が強まっていくことで
高血糖・高血圧・高脂血症を引き起こすリスクも高まります。


こうした症状を総じたのが「メタボリックシンドローム」なのです。


肥満によるインスリン抵抗性が生活習慣病の引き金であり
肥満解消と同時に、インスリンの働きを正常化させることが

生活習慣病予防、改善に必要な事となります。


肥満の原因は糖質の過剰摂取であり、
また、インスリンを大量分泌させるものの糖質です。


インスリンの大量分泌は肥満につながり、
肥満によってインスリン抵抗性が悪化する…。


これは鶏と卵の関係であり、
どちらが先と言うものではありません。


とにかく、その原因となっている
糖質の摂取を控える事がとても重要になります。


糖質を控える事によって
インスリン抵抗性の悪化を防ぎながら、同時に
肥満解消を実践しましょう。



ゼロカーボな食生活の主食に!
糖質ゼロ!タンパク質と食物繊維が豊富な健康ふすまパン!

 
そして、タンパク質とビタミンBがたっぷり!!
豚肉と塩だけで作ったゼロカーボポークもお勧めです。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。