--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2011年01月13日(木) 記事No.94
★☆ 健康お役立ち情報
 《 本当に怖い!糖尿病という病気 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第3回:高血糖から起こる「慢性合併症」について


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)を
しっかり摂ることによって健康的な体を取り戻すことが出来ます。


一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず、食事から摂る必要があります。
それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。


糖尿病は「生活習慣病」であり、薬で治る病気ではありません


糖尿病とは血糖値コントロールが出来ず、
血糖値が高い状態(高血糖)が続く病気です。


高血糖状態が続く事により、毛細血管から傷つき
色々な合併症の原因になる事をお伝えしました。

このように見えないうちに体内でジワジワと影響していく合併症を
「慢性合併症」といいます。


糖尿病の合併症として有名なのは、この「慢性合併症」です。
高血糖状態が長い期間続くと「確実に起こる」とさえ言われています。

合併症による症状は、状態不良により生活の質を落とすだけではなく
生命の危険リスクを高めてしまう事を理解しておきましょう。


三大慢性合併症は

・神経障害… 
手足のしびれ、記憶力の低下など、合併症の初発症状として出やすいもの
重篤になると、感覚障害や脳萎縮が起こります。

・網膜症… 
視力の低下、白内障、緑内障なども合併しやすい、最悪の場合失明します。

・腎症(腎不全)… 
腎臓機能の低下、尿毒症など、最悪の場合一生涯の透析が必要です。


他にも、高血圧や動脈硬化リスクが増大し、心臓病のリスクが高まります。
糖尿病性壊疽(手足が腐る)、免疫力低下により感染症へかかりやすくなります。


様々な合併症がありますが、血糖コントロールやその状態によって
合併のリスクが異なってきます。


一番怖いのは、すべてを合併してしまう可能性があるということです。


目も見えず(失明)、物もつかめず、うつ状態(神経障害)(脳萎縮)
足は腐り上手く歩けず(壊疽)、週に3回の透析治療で金銭的な負担も大きい…


このような生活が果たして楽しいものでしょうか?

糖尿病の治療を行わない、血糖コントロールを行わないということは
このような合併症を引き起こしてしまうリスクを高めるのです。


誰もが「自分は大丈夫」と思いがちです。

少しなら大丈夫だろう、病気でも好きな甘いものを食べて過ごしたい。

その気持ちはわかります。


しかし、今、血糖コントロールが出来ていないのに、
未来は合併症もなく、問題ないというのは間違いです。


血糖コントロールを始めるなら、今すぐに始めるべきです。
介護などを行ってくれる家族のためにも、正しい血糖コントロールを選びましょう。


血糖コントロールとは、糖質コントロールのこと!
血糖値を上昇させる原因となる「糖質」を控え、
正常に体を働かせるために必要なタンパク質を摂りましょう。



ゼロカーボな食生活の主食に!
糖質ゼロ!タンパク質と食物繊維が豊富な健康ふすまパン!

 
そして、タンパク質とビタミンBがたっぷり!!
豚肉と塩だけで作ったゼロカーボポークもお勧めです。
未分類 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。