--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2010年11月02日(火) 記事No.84
★☆ 健康お役立ち情報
 《 秋は基礎代謝アップの季節!基礎代謝を上げよう。 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第4回:やっぱり大事!「タンパク質」摂っていますか?


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)を
しっかり摂ることによって健康的な体を取り戻すことが出来ます。


一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず、食事から摂る必要があります。
それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。


やっと全国的にも涼しくなってきたようですね。

外気温と体温の温度差が出る季節は、
体温調節のためのエネルギーが沢山必要になるため

基礎代謝が向上する季節です。


基礎代謝とは寝ているときでも消費されるエネルギーですが
このエネルギー量が多いほど
血糖値がコントロールしやすくダイエット効果が高くなります。


この基礎代謝を正常に向上させるために、欠かせない栄養素は
やっぱり「タンパク質(必須アミノ酸)」です。


寒くなってくると、体が冷えてしまわないように
体温を維持する働きを行いますが

この体温を維持するためには、体内を十分に循環する血液と
全身の筋肉量が必要になります。


女性に多い「貧血」は、血液中の赤血球の数が少なくなるため
血液が末端まで届かず、冷え性になりやすくなります。


また、寒いときには「ブルブル」と震えますが、
これは、手足の骨格筋を震えさせて体温を上げるためです。
しかし筋肉が少ないと十分な温度を作り出せなくなってしまいます。


このような「血液(赤血球)」や「筋肉」の材料になっているのが
「タンパク質」なのです。


毎日の食事でタンパク質が不足すると、
毎日新しくなるはずの血液や筋肉細胞が減少していくことになります。


牛や馬のような草食動物は、草を食べるだけで
体内でアミノ酸(タンパク質)を作り出すことが出来ますが
人間にはそのような機能はありません。


人は、食事によってタンパク質を摂るしか方法がないのです。


基礎代謝という生きるために欠かせない機能を
正常に動かすためにも、タンパク質の不足は大きな問題です。


基礎代謝の向上をしっかり維持するために
炭水化物(糖質)を控え、タンパク質を十分に摂りましょう。



ゼロカーボな食生活の主食に!
糖質ゼロ!タンパク質と食物繊維が豊富な健康ふすまパン!


そして、タンパク質とビタミンBがたっぷり!!
豚肉と塩だけで作ったゼロカーボポークもお勧めです
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。