--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2010年09月10日(金) 記事No.83
★☆ 健康お役立ち情報
 《 秋は基礎代謝アップの季節!基礎代謝を上げよう。 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第3回:エアコンに頼りすぎると基礎代謝は低下する。


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)を
しっかり摂ることによって健康的な体を取り戻すことが出来ます。


一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず、食事から摂る必要があります。
それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。


少しずつ気温が落ち着いてきたような気がしますが
皆さんのお住まいの地区ではいかがですか?


さて、秋を向かえ涼しくなると
基礎代謝が向上することをお伝えしました。


基礎代謝は、体を横にして安静にしている時でも
生命維持のために消費されるエネルギーのこと。


そして、その中でも「体温維持」に大きなエネルギーを使うため
涼しくなってくる秋から冬にかけて

基礎代謝は大きく向上するというわけです。


しかし!

涼しくなってきても、惰性でエアコンを利用してしまうと
この恩恵を受けることが出来ません。


体温維持というのは、外気温が変わっても
体温を一定に保つ機能です。


つまりは、外気温の変化がないと、体温維持の機能も
あまり使われないことになるのです。


私たち現代人は、一年を通してエアコンを利用するようになりました。


各家庭に、エアコンがあるところも一般化し、
交通機関である電車やバス、または商店街なども

大型のエアコンによって、快適な温度に保たれています。


このエアコンの普及によって、現代人の基本的な
基礎代謝量が低下しているのです。


エアコンがなかった時代は、現代と比べ
体温維持としてかなりの基礎代謝量を消費していたものと
思われます。


そのため、昔の人は、お米を主食にしても
糖尿病や肥満になる人が少なかったのです。


現代では、基礎代謝量が低下する環境にあり、
更に、年齢と共にますます基礎代謝量は低下していきます。


今年の暑さは異常といわれる気温でしたので、
日中のエアコン利用は、確かに必要です。


これから、朝晩が涼しくなってきたら、
エアコンは止めて、外気の風を感じるようにしましょう。


それだけでも、基礎代謝向上を刺激してくれるのです。


もちろん、ゼロカーボ食も基礎代謝維持には欠かせません。


基礎代謝の向上をしっかり維持するために
炭水化物(糖質)を控え、タンパク質を十分に摂りましょう。
涼しくなったら外気に触れ、より刺激を与えましょう。


ゼロカーボな食生活の主食に!
糖質ゼロ!タンパク質と食物繊維が豊富な健康ふすまパンをどうぞ☆


『健康ふすまパン』の気になる成分表は、コチラからご確認ください。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。