--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2010年09月10日(金) 記事No.82
★☆ 健康お役立ち情報
 《 秋は基礎代謝アップの季節!基礎代謝を上げよう。 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第2回:基礎代謝アップに必要なビタミンB1の話


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)を
しっかり摂ることによって健康的な体を取り戻すことが出来ます。


一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず、食事から摂る必要があります。
それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。



これから涼しくなって、体温維持の機能が働き、
基礎代謝が向上してくる季節です。


基礎代謝が向上することによって

・消費エネルギーが増えるため、痩せやすい
・今より太りにくい体になる
・血糖値コントロールが楽になる

ことを体験いただけます。


しかし、季節的な基礎代謝の向上という恩恵があっても
炭水化物(糖質)が多い食事を摂ってしまうと

残念ながら、基礎代謝の向上以上に、
血糖値が上がったり、肥満の原因になることは
忘れずに覚えておきましょう。


体温維持などの自律神経系を正常に保ち、
新陳代謝を行うためにも、タンパク質が欠かせません。


そして、もう一つ欠かせないのが、ビタミンB1の働きです。


ビタミンBは8種類があり、総じてビタミンB群とされています。
その中の一つが、ビタミンB1です。


特に、ビタミンB1は、エネルギー代謝に欠かせないビタミンで
ビタミンB1が不足していると、エネルギーになるべき栄養素があっても
エネルギーを作ることが出来なくなります。


基礎代謝の向上によりエネルギー消費量が多くなっても、
肝心のエネルギーが体内で作り出されなければ、消費もされません。


つまりは、ビタミンB1が不足することによって
血糖の処理が遅れやすくなり、そのため太りやすく、
代謝の低下が起こってしまうのです。



特に、炭水化物(糖質)を多く摂る人や
血糖値が高めの人には不足しがちなビタミンです。


ビタミンB1が不足するとエネルギー代謝の過程で、
乳酸などの疲労物質が溜まりやすくなり
関節痛や筋肉痛が起こりやすくなります。


また、ビタミンB1によってエネルギーが作れないと
脳へのエネルギーが不足してしまい、
神経が正常に機能しなくなったり、イライラ、集中力の低下、
物忘れの症状などがおこるといわれています。


大事な栄養素であるビタミンB1は豚肉に多く含まれます。
他にも、レバーやウナギ、カツオにも含まれています。


基礎代謝の向上をしっかり維持するために
炭水化物(糖質)を控え、タンパク質を十分に摂ることに加え、
エネルギー生成に欠かせないビタミンB1もしっかり摂りましょう。



ビタミンB1がたっぷり!
豚肉と塩だけで作った、『ゼロカーボポーク』をどうぞ
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。