--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2010年09月10日(金) 記事No.79
★☆ 健康お役立ち情報
 《 今から始める!夏バテ予防にゼロカーボ食! 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第4回:夏バテ予防にもタンパク質が大切です!


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)を
しっかり摂ることによって健康的な体を取り戻すことが出来ます。


一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず、食事から摂る必要があります。
それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。


夏場の炭水化物(糖質)の摂りすぎによって
体調が不安定になり、夏バテの原因になりやすいことを
お伝えしました。


夏こそ食べて欲しいのが、やっぱり肉や魚です。


肉や魚には、疲れた身体を回復させるために必要な
タンパク質が豊富に含まれ、またビタミンミネラルも豊富に含まれています。


夏は発汗によりミネラルが大量に失われます。

同時に、暑さというストレスによってタンパク質の消費量も
増えるのです。


また、
冬と比べて、夏は体温調節(発熱)のエネルギー量が少ないため
基礎代謝量が低下しています。


基礎代謝量が低下している時に、タンパク質が不足すれば
ますます筋肉量が落ちて、更に基礎代謝が低下していくことになります。


そうなると、夏バテだけでなく、秋太りの可能性も
高くなってしまうのです!!


夏は汗をかき、体内の水分が減って体重が落ちる方も
いらっしゃるようですが、

夏に痩せる方のほとんどが筋肉量の低下と、食欲不振による
食事量の減少(無意識な低カロリー食)によるものがほとんどです。


こんなときに炭水化物(糖質)ばかり摂っていれば、
身体を回復させることもできず、

また、筋肉を減らし脂肪を蓄えているようなものです。


しかも、血糖値の急上昇を招くため、
生活習慣病のリスクがどんどん上がってしまうのです。



今こそ安易な炭水化物(糖質)過多の食生活を改め、
夏でも肉や魚などのタンパク質中心の食生活を続けましょう。


ゼロカーボな食生活の主食に!
糖質ゼロ!タンパク質と食物繊維が豊富な健康ふすまパンをどうぞ☆


『健康ふすまパン』の気になる成分表は、コチラからご確認ください。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。