--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2010年07月09日(金) 記事No.76
★☆ 健康お役立ち情報
 《 今から始める!夏バテ予防にゼロカーボ食! 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第1回:夏バテ予防していますか?


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)を
しっかり摂ることによって健康的な体を取り戻すことが出来ます。


一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず、食事から摂る必要があります。
それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。



いよいよ、夏本番。
毎日暑い日が続きますね。


今は、「暑い」というだけで、食欲が落ちてしまったり、
動くのがだるくなったりすることもあるでしょう。


そして、体調不良が続けば、秋口まで続く「夏バテ」…。
このような悪循環を体験した人は少なくないのではないでしょうか?


夏バテの症状としては、

・全身の疲労感・倦怠感
・食欲不振
・無気力
・立ちくらみやめまい
・お腹の不調(下痢、便秘)
・むくみ

などが起こりやすくなります。


このような症状が起こる原因は、「暑いから」と思いがちですが
暑いというだけで、すべての人に夏バテが起こるわけではありませんね?


実は、夏バテの大きな原因として、「栄養不足の状態」が考えられるのです。


夏は、ほてった体を落ち着かせるために、冷たいものが欲しくなります。


冷たい食材は、喉越しが良く、消化が良いと感じるため、
気をつけていないと摂りすぎる場合が多いのです。


ソーメン、ざるソバ、冷麺といった冷たい麺類が多かったり、
水分補給のつもりで、清涼飲料水やアイスクリームなど…。


すでにお気づきの方もいらっしゃると思いますが、
夏場に食べたくなる食材のほとんどが「炭水化物(糖質)」です。


この炭水化物(糖質)の摂りすぎや、タンパク質の不足によって
夏バテになりやすい体を作ってしまいます。


夏バテを予防するためには、
炭水化物(糖質)中心の食生活を改め、
夏でも肉や魚などのタンパク質中心の食生活を続けましょう。


ゼロカーボな食生活の主食に!
糖質ゼロ!タンパク質と食物繊維が豊富な健康ふすまパンをどうぞ☆


『健康ふすまパン』の気になる成分表は、コチラからご確認ください。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。