--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2010年05月24日(月) 記事No.69
★☆ 健康お役立ち情報
  《 ゼロカーボ食で、血糖値を安定させよう! 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第4回:代謝に必要な「タンパク質」のこと


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)をしっかり摂ることによって、
健康的な体を取り戻すことが出来ます。


一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず、食事から摂る必要があります。
それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。


これまでは
血糖値を上げる原因は、カロリーや高脂肪などの食材ではなく
炭水化物(糖質)であるとお伝えしました。


肉や魚に含まれるタンパク質は、
食後血糖値の急上昇の心配がありません。


カロリー制限では、控えるように言われるお肉も
お腹いっぱい食べていただいても血糖値は上昇しないのです。
(ただし、脂肪部分は取り除きます)


しかも、お肉や魚に含まれるタンパク質は
体を作る材料になり、筋肉を作る材料になります。


筋肉量が増えると、その筋肉を維持するために
沢山のエネルギーが必要になります。


普段、運動を行わない時間でも、
私たちは呼吸をしたり内蔵を動かしたり、
筋肉を維持するためにエネルギーを使っています。

このエネルギー量のことを「基礎代謝」といいます。


タンパク質をしっかり摂る事によって
基礎代謝が向上すれば、普段の生活のエネルギー量が増え
体に残る内臓脂肪や、血液中のをエネルギーに利用することが
できるのです。


炭水化物(糖質)はエネルギーにしかならず、
血糖値を上げてしまう栄養素ですが、

タンパク質は体を作り、代謝を上げてくれる
大切な栄養素です。


炭水化物(糖質)を出来るだけ控え、
体に必要なタンパク質をしっかり摂ることで
毎日の血糖値を安定させることが出来るのです。



ゼロカーボな食生活の主食に!
糖質ゼロ!タンパク質と食物繊維が豊富な健康ふすまパンをどうぞ☆

『健康ふすまパン』の気になる成分表は、コチラからご確認ください。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。