--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2010年04月21日(水) 記事No.61
★☆ 健康お役立ち情報
  《 糖を抜けば、痩せる!正しいダイエットのススメ 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
 第1回: あなたのダイエット、間違っていませんか?


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)をしっかり摂ることによって、
健康的な体を取り戻すことが出来ます。


一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず、食事から摂る必要があります。
それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。

食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。


厚生労働省の生活習慣病予防の中で
メタボリックシンドロームという言葉が使われ始め、
今では、すっかり定着していますね。


メタボリックシンドローム…、通称「メタボ」「大きなお腹」「肥満」の代名詞のように
思う方も多いようですが、本来、メタボリックシンドロームとは、
内臓脂肪型肥満で生活習慣病リスクが高くなっている状態のことです。


生活習慣病疾患者が増えている中、
肥満症や高血圧、糖尿病、高脂血症などの予防基準も設定されています。


この「メタボ」の理解により、ダイエットを考える方が
美容に気を遣う女性だけでなく、健康を気遣う
中年以降の男性ダイエッターが急増しました。


・生活習慣病を予防したい

・健康な体を取り戻したい


そんな気持ちで、ダイエットを始める方が増え、
肥満解消に気を遣う人が増えたにもかかわらず

まだまだ、生活習慣病は増える一方です。


これも、ダイエット方法を間違っている方が
多いからではないかとも考えてしまいます。


一般的にダイエットというと

・低カロリーにする
・低脂肪にする
・運動量を増やす

と思われている方がまだまだ多いようです。


運動によって、筋肉をつけ、基礎代謝を向上させるのは
良いことなのですが、


低カロリー食で空腹を我慢しながら
過度の運動によって、疲労が増したり
我慢ばかりで続かない方が多いようです。



正しいダイエットとは、
体重を落とすことではなく、体脂肪を減らすこと。


空腹感を我慢することなく、
必要な栄養素をしっかり食べていても、ダイエットが出来るのです。


太る原因は、カロリーではなく、
食べ過ぎている炭水化物(糖質)です!


余った糖質は中性脂肪になりやすく、太る原因になります。


太る原因となる炭水化物(糖質)を控え、
体に必要なタンパク質をしっかり摂ることで
健康的なダイエットが出来るのです。



ゼロカーボな食生活の主食に!
糖質ゼロ!タンパク質と食物繊維が豊富な健康ふすまパンをどうぞ☆

『健康ふすまパン』の気になる成分表は、コチラからご確認ください。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。