--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2010年03月26日(金) 記事No.60
★☆ 健康お役立ち情報
  《知らないと怖い、添加物が引き起こす成人病の話 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
 第5回: 添加物が起こす、体内への大きなの影響


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)をしっかり摂ることによって、
健康的な体を取り戻すことが出来ます。


一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず、食事から摂る必要があります。
それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。



今シリーズでご紹介した添加物は、ほんの一部です。


骨からカルシウムを溶け出させるリン酸、
自然な状態では存在し得ない人工的な分子構造の
トランス脂肪酸やグルタミン酸ナトリウムなど…


自然な食品と違い、体内で上手く活用できなかったり
処理が出来ないものがほとんどです。


といっても、
これだけ色々な加工品に含まれている添加物を
すべて避けることは、とても難しいと感じるかもしれません。


仕事と家庭を両立させる女性が増えている今、
便利で手軽に、また、経済的にも利用しやすい加工品を使うことで
負担が軽減しているのは事実です。


自宅で注意しながら加工品を使わなかったとしても
あまり神経質になってしまうと、外食を楽しむことさえ
出来なくなってしまいます。


ただし、
「少しくらいなら大丈夫」「たまになら大丈夫」と
使ううちに、気がつくと沢山の添加物を取る恐れは消えません。


これらの添加物は
厚生省が基準を設定し、認可したものであり
一般的には「安全なもの」として、利用されています。


しかし、一種類では問題なかったとしても、
何種類もの添加物が複合的に含まれる加工品の
安全性については、研究が進んでいないのが現状です。



これだけ添加物が氾濫している世の中になったのも、
私たち消費者が安くて便利な物を求めたことも
原因の一つとして考えられるのではないでしょうか。


出来るだけ自然に近い、本物の食材を使うことこそが
健康への近道には間違いありません。


加工品を利用する際には、しっかりと原材料表示を確認し
出来るだけ、「加工品」を使わない習慣をつけることをお勧めします。



また、添加物を一切使用せず、新鮮な豚肉と塩だけで作った
【ゼロカーボポークシリーズ】好評販売中です。


『ゼロカーボポーク』の気になる成分表は、コチラからご確認ください。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。