--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2010年02月25日(木) 記事No.56
★☆ 健康お役立ち情報
  《知らないと怖い、添加物が引き起こす成人病の話 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
 第1回:あなたは大丈夫?加工品普及の時代


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)をしっかり摂ることによって、
健康的な体を取り戻すことが出来ます。


一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず、食事から摂る必要があります。
それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。



皆さんの生活を振り返るなかで
食生活の変化について、考えたことがありますか?


戦後などの大変な時代を経験された方にとっては、
食べるものを選ぶことが出来るという、この飽食の状態であることが
大きな変化になるかと思います。


そこまでさかのぼらなくても、
この数十年のうちに、食環境の変化は沢山あります。



特に大きな変化が

「調理済み加工品」の普及なのではないかと思います。



総務省統計局「家計調査年報」によりますと、

【家計食料費に占める加工食品の支出割合(月平均額)】は

1975年は、菓子類を含め、45%だったものが

2003年になると、52.6%と、半分以上を占めるようになりました。



加工品といえば、魚の開きや、干し物を含め
乾物などの加工品も含まれるため、自然に近い加工品もあります。


しかし、この統計では、半分以上を占める加工品の内、
さらに、「調理済み食品」は11.6%を占めています。


今では、お湯をかけたり、レンジで温めるだけのインスタント食品だけでなく
○○を混ぜるだけ、といった、簡単調理食材や
調理済みを温めるだけのお惣菜やお弁当などは、どこへ行っても見かけます。


急速に普及したコンビニエンスストアでも
菓子類をはじめ、調理済みのお弁当やお惣菜を24時間購入することが
できるようになりました。


こうした加工品の普及や、販売店の増加によって、
忙しい現代人にとっては、より便利になったのは言うまでもありません。


しかし、こうした便利さを教授しながらも
「調理済み食品」や「加工品」を食べることによって
私たちの「栄養摂取量」も大きく変化しています。


特に気をつけたいのが、
炭水化物(糖質)であり急激な血糖値上昇を招く
ブドウ糖果糖などの人工甘味料を含む添加物の存在です。


手軽で便利な反面、毎日の食生活を加工品に頼ると


せっかく栄養豊富なタンパク質を原材料としながらも
ブドウ糖果糖などの添加によって、血糖値を上げてしまったり


保存料として添加されているリンによって
骨を強化するために必要なカルシウムが流れてしまうようでは
健康状態を維持することが難しくなってしまいます。


皆さんの食卓は大丈夫ですか?


糖質ゼロ!タンパク質と食物繊維が豊富な健康ふすまパンは
保存料を一切遣わず、手作りの味をお届けしています☆


『健康ふすまパン』の気になる成分表は、コチラからご確認ください。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。