--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2010年01月25日(月) 記事No.52
★☆ 健康お役立ち情報
  《お肉を食べよう!!~コレステロールを恐れないで~ 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第2回 : 悪玉?善玉?コレステロールの誤解


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)をしっかり摂ることによって、
健康的な体を取り戻すことが出来ます。


一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず、食事から摂る必要があります。

それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。



前回のメルマガでは、

コレステロールというのは、とても大切な働きをする
必要不可欠な栄養素であることをお伝えしました。


コレステロールは細胞膜やホルモンの材料となるために、
全身に運ばれ、余った分があれば肝臓に戻されます。


しかし、
脂質であるコレステロールは、
そのままでは血液に解けることが出来ない状態です。


そこで、LDL、HDLと呼ばれるリポたんぱくを利用して
血液中を運びます。


つまり、宅急便のパッケージのようなものに入って
血液中を流れていくというわけです。


LDLというパッケージは、配送専用であり
HDLというパッケージは、集荷専用のようなもの。


このリポたんぱくで加工されたLDLが悪玉コレステロール、
HDLが善玉コレステロールと呼ばれているのです。


悪玉コレステロールといわれるLDLには
コレステロールを運ぶという大切な役目があるので、
悪玉だから出来るだけ減らした方がいい、というものではありません。


コレステロールは大切な栄養素です。
悪玉や善玉というのではなく、バランスが大切なのです。


コレステロール値は
実は、LDLとHDLのバランスが保たれていれば問題はなく、
LDLが増え過ぎたときに問題が起こるのです。


LDL増加の原因として、動物性脂肪の摂りすぎや
青魚などの不足が考えられるそうです。


LDL値を下げるためには

肉は脂肪の少ない赤身のものを選び
食物繊維をしっかり摂ることも大切なポイントです


ゼロカーボブランがおすすめする健康的な食生活では
肉についている脂肪はできるだけ取り除き、
また、肉だけでなく魚なども同時に取ることをお勧めしています。


食物繊維の摂取には、糖質ゼロの健康ふすまパンが最適です。


ゼロカーボな食生活の主食に!
糖質ゼロ!タンパク質と食物繊維が豊富な健康ふすまパンをどうぞ☆

『健康ふすまパン』の気になる成分表は、コチラからご確認ください。

ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。