--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2009年10月15日(木) 記事No.42
★☆ 健康お役立ち情報
   《肉食主義になろう!~タンパク質の重要性について~ 》 / 全5回
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
      第2回:体に必要なアミノ酸の働き


炭水化物(糖質)を控え、タンパク質(アミノ酸)を
しっかり摂ることによって、

健康的な体を取り戻すことが出来ます。


第1回では、タンパク質=アミノ酸の大切さについて
お伝えしました。


タンパク質とは、アミノ酸が複数結びついたものです。


アミノ酸には、体内で合成できるものと、
体内で作れず、食べ物からとる必要がある必須アミノ酸があります。


アミノ酸は、体内でバランスよく利用されるため、
どれか一つでも大きく不足すると、上手く機能することが出来ないと
言われています。


このアミノ酸こそが、皮膚や内臓、血管などだけでなく
血液、ホルモン、消化酵素などになり
人間の体に深く関係しています。


例えば、「疲れが取れない」、「肌荒れになる」などの不調は
アミノ酸が不足していることが考えられます。


アミノ酸は細胞など、体を構成する材料となり、
細胞は常に新しく生まれ変わることで、代謝を行っています。


しかし、アミノ酸が不足すると、材料がない状態となり
古いまま使用するしかありません。


これが、新陳代謝が悪くなっている状態です。


日々生まれ変わるべき、皮膚や血液が古いままの状態が、
肌荒れとなって症状に表れてしまったり、


ひどい場合には、ホルモンバランスを崩して、
何となく体調が悪い…などの体調不順を引き起こします。


更には、アミノ酸には脂肪燃焼の役割があるため、
不足によって、脂肪燃焼効果が減ってしまい、
運動しているのに、痩せにくい、という状態を作ってしまうのです。


アミノ酸=タンパク質は、人間にとってなくてはならない栄養素です。


しかも、
タンパク質は脂肪のように体に溜め込むことが出来ないので
常に不足を補う必要があります。


毎日のタンパク質(アミノ酸)摂取を欠かすことなく過ごせば、
健康で、美しい肉体となり、
生活習慣病の予防や、肥満予防にもつながります。


一日に必要なタンパク質量は、体重×0.1gです。


毎食のタンパク質(アミノ酸)摂取で、
体に必要な栄養素を、しっかり摂ることをおすすめします。


『健康ふすまパン』なら、
タンパク質(アミノ酸)の量が、豚バラ肉の2倍!!


現代の私達にとって「新しい主食」として
健康な食生活をサポートいたします。


『健康ふすまパン』の気になる成分表は、コチラからご確認ください。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。