--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2009年10月01日(木) 記事No.40
★☆ 健康お役立ち情報
   《健康な体を手に入れる!健康ふすまパンの秘密 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
        第5回:時代は、「予防医学」へ


健康ふすまパンは、特許製法により
業界初!「糖質ゼロ」を実現しました。


また、健康ふすまパンは、「糖質ゼロ」であるだけでなく
体を作るために必要な「タンパク質」や
腸内改善に必要な「食物繊維」が豊富に含まれています。


今回のシリーズでは、健康ふすまパンに含まれる栄養素と
その効果についてお伝えしてきました。


第1回:糖質ゼロはなぜ体に良いのか?


第2回:タンパク質の重要性


第3回:食物繊維は大切な栄養素


第4回:血糖値を安定させると健康になる



生活習慣病である糖尿病疾患やその予備軍が毎年増加しており
「糖尿病」や「血糖値」という言葉も珍しいものではなくなってきました。


しかし、普段健康であると思っているうちは、
その言葉も「ただの病名」であり
他人事のように感じている方も多いかもしれません。


生活習慣病というのは、時間をかけて積み重なる食習慣や運動習慣が
大きな影響を与えています。


毎日、健康的だと信じて食べている野菜やご飯を中心とした和食や
低カロリーにしている食事が
糖尿病などの生活習慣病になる影響を与えているかもしれません。



血糖値を上げるのは、炭水化物に含まれる糖質です。


毎日毎食、ご飯を食べたり、うどんを食べたり…
間食に飴玉を食べ、喉が渇いて甘いコーヒーを飲んだり…


そのほとんどが炭水化物(糖質)で、血糖値を上昇させています。


ご飯(糖質)を食べる

 →血糖値が上がる

  →インスリンが出る

   →血糖値が下がる

    →またご飯を食べる

     →インスリンが出る…


このような食生活を続けていれば、すい臓は疲れてしまい
インスリンの働きが悪くなったり、無理やり沢山出そうとして頑張りすぎてしまい
そこから、食後に高血糖になってしまう状態が始まります。


空腹時には安定している血糖値も
食後に急激に上がってしまうと、血管を痛めているかもしれません。


食後だけが高血糖になってしまう「隠れ糖尿病(境界型)」は
気づきにくく、気がついたときには
かなりの高血糖になっていることもあるそうです。


今の食生活を見直したとき、ご飯などの炭水化物ばかりになっていると
将来、生活習慣病のリスクが高まります。


今こそ、予防医学として、自分自身だけでなく家族みんなで
タンパク質(アミノ酸)をしっかり補給し、糖質を控えてみませんか?


「健康ふすまパン」なら
血糖値の上昇がないため、食後高血糖の予防、肥満予防に最適です。


現代の私達にとって「新しい主食」として
健康な食生活をサポートいたします。


『健康ふすまパン』の気になる成分表は、コチラからご確認ください。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。