--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2009年07月27日(月) 記事No.4
★☆ ゼロカーボブランの『理論』とその『秘密』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
    第4回 : たんぱく質の《重要性》とその真実!


『運動代謝』で消費するエネルギーは『基礎代謝』より少なく、
ダイエットには、より多くのエネルギーを 消費させることの出来る
『基礎代謝』の大切さをお伝えしました。


そこで今回はもうひとつ大事な
《栄養素》たんぱく質についてのお話です。


さて、皆さんはたんぱく質についてどこまでご存知でしょうか?


実は、私たちの体は10万種類にも及ぶたんぱく質で構成され
また、そのたんぱく質はわずか20種類のアミノ酸の
組み合わせでつくられてます。


たんぱく質は

私たちの体の髪の毛・皮膚・内臓・骨など、
すべての細胞が日々壊れ、再生(=新陳代謝)されるための

  《原材料》として…

また…
  【生きていくため】に

必要不可欠な栄養素であるとお伝えしました。


つまり、生きていくため、普段の生活を送るために

《原材料》であるたんぱく質や、
それを構成しているアミノ酸の摂取が必要とされます。


実は、私たち人間の体は非常に良くできており
大抵のアミノ酸は体内で作ることができます。


しかし、どうしても体内で作れない
必要なアミノ酸が8種類あり、


これが、いわゆる必須アミノ酸です。
       

体内で作られないのであれば
食事から摂らなくてはなりません。


では、
実際どのような食品から摂取できると思われますか?


それは
動物性の食品を食べればいいのです!

  
~動物性の食品とは、
  脂身の少ない赤身のお肉やお魚や卵のこといいます~



これらの食品には、たんぱく質の量が非常に多く
"逆に"、『ダイエット』『健康』の天敵とされる
炭水化物=糖質の量が非常に少ないのです。



実際の数値で言いますと、
「赤身のもも肉」と比べ、「キャベツ」の方が、
炭水化物=糖質の量が87倍もの含まれているのです。



『ダイエット』だけでなく、『健康な生活』をお考えでしたら
炭水化物=糖質の量が非常に少なく、
体の再構成に必要な『たんぱく質』を豊富に含む食品


つまり、お肉やお魚や卵を食するのが
『本来の食生活』なのではないでしょうか…。


また、そんな炭水化物=糖質の量が非常に多い
野菜の《実態》をお伝えしました情報をHPにて


…ゼロカーボブランの『健康お役立ち情報』…
《ダイエットとメタボの天敵は糖質!?》


にて詳しくお伝えしておりますので
是非、一度ご覧ください!


   そこには、野菜の【驚きの真実】があります…



少し理解しづらい点もあるかと思います。

この内容は、インターネット上でもすでに公表されている情報です。
この機会に、是非お調べください。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。