--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2009年08月25日(火) 記事No.34
★☆ 健康お役立ち情報
       《糖質ゼロでダイエットしよう 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第4回:タンパク質をしっかり摂ることがダイエットの近道


「ゼロカーボ(糖質ゼロ)ダイエット」は、


出来る限り【炭水化物(糖質)】の摂取量を減らして、
体に必要なタンパク質はしっかり摂ることで

健康的にダイエットできる方法です。


人は、食べなければ生きていけません。
食べ物によって、肉体を維持し、エネルギーを得ています。


食事から取り入れる栄養素として
「三大栄養素」があります。

●炭水化物(糖質+食物繊維)
●タンパク質
●脂質


そのうち、

タンパク質(必須アミノ酸)と脂質(必須脂肪酸)には、
体を作る栄養素がありますが

炭水化物(糖質)は、エネルギーとしてしか利用することが出来ません。


タンパク質や脂質は、皮膚などの代謝に使われるため
必要量を食事で摂る必要があります。


しかし、
カロリー制限ダイエットが一般化している今、
タンパク質が多く含まれるお肉などはカロリーが高いため
体を作るために必要な栄養素を控えてしまい

カロリーが低いとされる
「春雨ヌードル」などの炭水化物のみの食事などで
エネルギーのみを摂取するという

人間本来の食事とは逆のダイエットを行なう人が
少なくありません。



カロリー制限ダイエット
消費エネルギーより摂取エネルギーが少なければ
痩せる、という考え方ですが、


それで、一時的に痩せたとしても肉体は栄養失調状態で、
必要な栄養を求めてリバウンドします。


体に必要な栄養素であるタンパク質は皮膚となり、
筋肉となることに使われ体内に蓄えておくことが出来ません。


体内に蓄えられない=太らない

ということです。


しかも、タンパク質や脂質は
エネルギーとしても利用できます。


炭水化物(糖質)はエネルギーとしてしか利用できず
摂りすぎた分は、脂肪に変えて、
際限なく蓄えていきます。


炭水化物(糖質)を控え、タンパク質をしっかり摂る


「ゼロカーボダイエット」こそが
本来のダイエット方法であり、自然な方法なのです。



次号は『本当に太らないタンパク質の摂り方』について
詳しくお伝えしていきますね。


『健康ふすまパン』なら
糖質ゼロ!だからダイエット中も安心してお召し上がりいただけます。

『健康ふすまパン』の秘密もあわせてご覧下さい。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。