--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2009年08月08日(土) 記事No.16
★☆ 健康お役立ち情報 《生活習慣病の原因《も》『糖質』だった!?》 / 全7回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
           第7回  : 糖質を絶てば、リウマチが改善!?


このシリーズでは、

糖尿病やその合併症をはじめ、高血圧、痛風、動脈硬化などの
生活習慣病にインスリンが影響しているおそれがあることを
お伝えいたしました。


インスリンというホルモンは、体のいろんなところに影響を起こすため、
高インスリンな状態は、体に、更に大きな負担を与えているかも
しれません。


というのも、ゼロカーボな生活を送ったことで
いろんな症状が改善された方がいらっしゃるからです。


例えば、非常に痛みが強く、辛い症状である
《関節リウマチ》が改善した方がいらっしゃいます。


関節リウマチの原因は、解明されていませんが
「自己免疫疾患」であるといわれています。


それは外から入る害を排除するはずの免疫システムが、
自分自身のコラーゲンを攻撃してしまうそうです。


関節部分を攻撃されることで、機能が働かなくなり
関節が変形したり、またとても痛みが強いのが特徴です。


ひどい場合には、歩行困難になり
日常生活に大きく影響を及ぼす、怖い病気です。


ある方が、リウマチの症状を抱えながら
高血糖の緩和のためにゼロカーボ生活を始めたところ
なぜかリウマチが改善したそうです。


理由はわかりませんが、『糖質』を摂らずにいることで、
糖代謝が改善しさらに、インスリンの働きが正常になり影響していた
体内のいろんな働きが改善したからと考えることも出来ます。



では、私たちは、普段の食事に
どれほど多くの「糖質を含む食品」を摂っているでしょうか。


ご飯や麺類はもちろんのこと、
《現代の》野菜にも糖質は含まれています。


食品ごとの『糖質』の含有量を比較したものを
ホームページにて、一部ご紹介しています。是非、一度ご覧下さい。



糖質の過剰摂取をやめインスリンの働きや、
体内の代謝機能が改善すれば健康を維持する『治癒能力』が向上し、
体内の異常が修正されることもあるかもしれません。



また、次回より新シリーズ
《 糖尿病につながる《現代》の『日本人の食習慣』 》 / 全4回を
お送りいたします。


ゼロカーボ理論をご理解いただき、
更に実践に活用いただければ幸いです。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。