• 2010年11月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2010年11月22日(月) 記事No.91
★☆ 健康お役立ち情報
 《 ガン治療にも有効なゼロカーボ食のこと 》
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
ガン治療・ガン予防にゼロカーボ食を選びましょう。


糖尿病や動脈硬化…様々な生活習慣病への不安が多い現代で
その中でも、特に不安が大きい病気というのが「ガン」です。


ここ数年、主要死因別死亡率で、「ガン(悪性新生物)」が
一位を維持しています。


ガンは現在、確たる治療方法が無く、
抗がん剤や、ホルモン治療などによって、「現状維持」という
対処療法を行うしかない状況です。


ガンという病気は、体内の細胞が異常を起こした時に、
浸潤、転移、再発などが起きてしまうような悪性腫瘍が
体内に出来てしまった状態です。


私たちのからだは約60兆個の細胞からなっています。


健康な人でも、悪性になる可能性のあるガン細胞が
発生しない人はいないといわれています。


しかし、大抵の場合は、体内でガン細胞を処理し、悪化する前に
ガン組織を潰してしまう事ができるそうです。


そのような自然な機能を持ちながら、ガンになってしまうということは、
細胞が正常に働かず、何らかの影響によって
ガン細胞を増やしてしまっているのです。


ガンを増やしてしまう一つの原因が「糖質」です。


ガンというのは、正常な細胞が変異して
ガン細胞となり、そこからどんどん増殖していきます。


正常細胞であれば、それぞれの細胞が機能するとき
細胞分裂の回数もその機能に合わせて、分裂できる回数が決まっています。


そして、細胞そのものが古くなり、
機能が離せなくなれば、その細胞は死滅するようになっています。


しかし、ガン細胞になると、体に必要な機能は働かず
しかも、分裂回数が無制限であるため、古くなっても死滅せずに残ります。


つまり、ガン細胞になり、増殖を繰り返す事によって
腫瘍ができるというわけです。


この、ガン細胞が増えていく際に、えさになるのが「糖質」です。


そこで、ガンのえさとなる糖質を控える事によって
ガン細胞の増殖を防ぐ事ができるのです。


現在、ガンの検査方法の一つに「PET検査」があります。


この検査方法は、
ガン細胞が正常細胞に比べて3~8倍のブドウ糖を取り込む、
という性質を利用し、ブドウ糖のような成分を体内に注射し
しばらくしてから全身を断層撮影します。


体内でブドウ糖が多く集まっているところが、
ガン細胞があるところとして、ガンを発見する手がかりとなります。


このように、
検査の一つを見ても「ガンと糖質(ブドウ糖)」の
関係は明らかになっています。


生活習慣病に限らず、糖質を控えることで
ガン改善、ガン予防につながっていくのです。



ゼロカーボな食生活の主食に!
糖質ゼロ!タンパク質と食物繊維が豊富な健康ふすまパンをどうぞ☆


『健康ふすまパン』の気になる成分表は、コチラからご確認ください。

スポンサーサイト
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年11月22日(月) 記事No.90
★☆ 健康お役立ち情報
 《 こんなにすごい!ゼロカーボポークの秘密 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第5回:栄養たっぷり!ゼロカーボポークを食べよう♪


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)を
しっかり摂ることによって健康的な体を取り戻すことが出来ます。


一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず、食事から摂る必要があります。
それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。


今回のシリーズは、
人気商品「ゼロカーボポーク」について、詳しくお伝えしております!


ゼロカーボポークは、
新鮮な豚肉と天然の塩を使って、糖質ゼロを実現した
本物の無添加ハム、ソーセージです。


改めて、このゼロカーボポークを開発するにいたって、
私たちがこだわった点は5つです。


●糖質をゼロにすること
●糖質をゼロにしながら、添加物を一切使用しないこと
●無添加とされる市販品にありがちな「砂糖」すらも入れないこと
●もちろん、美味しいこと!!
●原材料である豚肉そのものが新鮮で安全であること!


この5つにこだわりぬいて出来たのが
「ゼロカーボポークシリーズ」のハムとソーセージです。


産地や原材料がはっきりしている「本物の無添加食材」であり
しかも、血糖値上昇や肥満の原因である糖質がゼロ


ちろん、ゼロカーボポークには栄養もたっぷり。


★動物性タンパク質、必須アミノ酸たっぷり!
★ダイエットに欠かせない!不足しがちなビタミンB群たっぷり!
★天然の塩を使っているから、ミネラルもたっぷり!


ゼロカーボポークは、
市販の肉加工品に使われる糖類を一切省いただけでなく

厳選された原材料を使用していることで、
栄養価のバランスも良いハムとソーセージなのです。



糖質を制限している人、自然志向の方にとっては
これほど、最適な肉加工品はありません。


タンパク質中心の食生活では、
肉、魚、卵など、生から調理をしなくてはいけない食材が多く
自炊が出来ない方や、外食が多い方には面倒な面があるのは
確かです。


特に、ご相談いただくのが、昼食のメニューです。

外食ではメニューが選べず、調味料を含め
糖質量がどうしても多くなってしまいます。

かといって、お弁当を準備するのが大変な場合もあるでしょう。

しかし、ゼロカーボポークと健康ふすまパンを
一緒にご利用いただくことで、手軽で簡単に、そして安心して
ホットドックやハンバーガーを楽しんでいただけます。


こだわりぬいたゼロカーボポークは、
糖尿病や肥満の方が、手軽で便利にゼロカーボ食を実践でき
さらに必要な栄養素をしっかり摂る事ができる便利食材なのです!



離乳食期の赤ちゃんから、お年寄りまで
どなたでも安心してお召し上がりいただけます。

タンパク質とビタミンBがたっぷり!!
豚肉と塩だけで作ったゼロカーボポークはコチラ
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年11月22日(月) 記事No.89
★☆ 健康お役立ち情報
 《 こんなにすごい!ゼロカーボポークの秘密 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第4回:必須アミノ酸もしっかり摂れる!


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)を
しっかり摂ることによって健康的な体を取り戻すことが出来ます。


一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず、食事から摂る必要があります。
それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。


今回のシリーズは、
人気商品「ゼロカーボポーク」について、詳しくお伝えしております!


ゼロカーボポークは、
新鮮な豚肉と天然の塩を使って、糖質ゼロを実現した
本物の無添加ハム、ソーセージです。


ゼロカーボポークは、
同一の畜産場で育てられた豚肉を使用し
更に、新鮮なうちに、シンプルな過程で製造しています。


ゼロカーボポークは、新鮮な豚肉を使用することで
豚肉に含まれる動物性タンパク質もたっぷり摂取できます。


動物性タンパク質には【必須アミノ酸】が豊富で
人間の体に一番近いアミノ酸バランスになっています。


つまり、ゼロカーボポークは
『必須アミノ酸』をしっかり摂れる嬉しい本物食材なのです。



私たち人間の体は、体内で作ることができない
「必須栄養素」を食事から摂る必要があります。


その一つである「必須アミノ酸」は
私たちの体を維持するために欠かせないものなのです。


必須アミノ酸とは、20種類のアミノ酸のうち、
体で合成する事ができない9種類のアミノ酸の総称です。


体内では、タンパク質を壊したり作り直したりして
細胞の新陳代謝が行われています。

この細胞の代謝にタンパク質は欠かせません。


特に、体内で合成できない9種類のアミノ酸が不足すると
合成できるはずの残り11種類のタンパク質の材料まで不足する事になり

結果として、代謝に必要なタンパク質が、必須、非必須を問わず
大きく不足してしまう事になるのです。


ゼロカーボポークは新鮮な豚肉がたっぷりなので
必須アミノ酸もしっかり詰まっています。



こだわりぬいたゼロカーボポークは、
糖尿病や肥満の方に欠かせないビタミンB群だけでなく
健康を維持するために必要な必須アミノ酸もたっぷり!



離乳食期の赤ちゃんから、お年寄りまで
どなたでも安心してお召し上がりいただけます。

タンパク質とビタミンBがたっぷり!!
豚肉と塩だけで作ったゼロカーボポークはコチラ
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年11月02日(火) 記事No.88
★☆ 健康お役立ち情報
 《 こんなにすごい!ゼロカーボポークの秘密 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第3回:不足しがちなビタミンB1たっぷり!


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)を
しっかり摂ることによって健康的な体を取り戻すことが出来ます。


一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず、食事から摂る必要があります。
それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。


今回のシリーズは、
人気商品「ゼロカーボポーク」について、詳しくお伝えしております!


ゼロカーボポークは、
新鮮な豚肉と天然の塩を使って、糖質ゼロを実現した
本物の無添加ハム、ソーセージです。


ゼロカーボポークは、
同一の畜産場で育てられた豚肉を使用し
更に、新鮮なうちに、シンプルな過程で製造しています。


そのため、肉の旨みがしっかり残り、
糖質をしっかりカットしながらも、その他の栄養成分が
しっかり残っているのが大きな特徴でもあります。


豚肉は、ストレスを和らげ疲労回復に必要な
ビタミンB群がたっぷり入っています。


動物性タンパク質をしっかり含みながら
同時にビタミンB1、ビタミンB2、そしてナイアシン(ビタミンB3)も
豊富に含まれています。


ビタミンB1は、体内でエネルギーを作るのに必要であり
糖質を摂った際に分解、吸収させる働きがあります。


そのため、これまでに甘いものや炭水化物を多く摂っていた方は
大きく不足している可能性があります。


ビタミンB1が不足すると、脚気症状が出るといわれ、
現代は、「隠れ脚気」の人が増えているとも言われています。


脚気の症状としては
麻痺や浮腫、激しい疲労、下痢、体重減少などが
起こりやすくなります。


また、ビタミンB1は副腎皮質の働きにも関わっており
不足する事で、ストレスや感染症に弱くなったり、
アレルギーが出やすくなったりするのです。


ビタミンB2は、エネルギー代謝に関わりますが、
皮膚の代謝にも大きく影響しています。


そのため、ビタミンB2が不足すると、
肌荒れ、ヘルペスなどの原因になります。

ひどい場合には、白内障などの原因になる事もわかっています。


ナイアシンはあまり馴染みがないビタミンですが
お酒などを代謝する際にも多く使用されています。


不足すると、皮膚炎や痴呆、下痢などを起こすペラグラと呼ばれる
症状が出てきます。


ペラグラは精神疾患に影響する事も多く、
ナイアシンの不足は、痴呆などの脳に影響する可能性もあるのです。


このようにビタミンB群は大切な栄養素で、
不足によって生活の質が落ちてしまう事もあります。


糖尿病や肥満の方は特にビタミンB群不足の方が多いそうです。


糖尿病や肥満という代謝異常の状態は
ビタミンB類を過剰に消費、排泄を促し、
ほとんどの場合がビタミンB類の不足を起こすためです。


毎日の食事から、できるだけ
ビタミンB群を摂取するようにしましょう。


こだわりぬいたゼロカーボポークは、
糖尿病や肥満の方に欠かせないビタミンB群がたっぷり!!
しかも、血糖値上昇や肥満の原因である糖質がゼロ



離乳食期の赤ちゃんから、お年寄りまで
どなたでも安心してお召し上がりいただけます。


タンパク質とビタミンBがたっぷり!!
豚肉と塩だけで作ったゼロカーボポークはコチラ
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年11月02日(火) 記事No.87
★☆ 健康お役立ち情報
 《 こんなにすごい!ゼロカーボポークの秘密 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第2回:原材料も「本物」です!だから、安心安全!


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)を
しっかり摂ることによって健康的な体を取り戻すことが出来ます。


一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず、食事から摂る必要があります。
それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。


今回のシリーズは、
人気商品「ゼロカーボポーク」について、詳しくお伝えしております!



ゼロカーボポークは、
新鮮な豚肉と天然の塩を使って、糖質ゼロを実現した
本物の無添加ハム、ソーセージです。


無駄な添加物が入っておらず、
しっかりとした肉の味わいが残っているのが特徴です。


本来、ハムやソーセージは豚肉を使用して作られます。


しかし、市販で製造されている肉加工品は、
コスト削減のために、豚肉以外の肉を混ぜて作られているものが
本当に多いのです。


しかも、その豚肉の産地などは表記されていません。

調理が簡単な肉加工品は、そのほとんどが
「もともとの原材料が不明なように加工できるもの」の一つなのです。


一例として、「食品の裏側(安部司著)」より抜粋しますと

「骨に少しだけ残った肉を集めて、ドロドロになった肉に
白い粉(食品添加物)を混ぜてをミートボールに加工している」

というがあります。


添加物の危険性だけでなく、原材料そのものの産地や加工状態が
消費者にはわからないような加工品も少なくないのです。


私たちが開発したゼロカーボポークは、
原材料は豚肉と食塩のみです。
そして、その豚肉の産地もはっきりしています。


使用している豚肉は「京都ポーク」です。


「京都ぽーく」とは、
京都府畜産研究所において3種類の優良な系統豚を組み合わせ、
能力調査を何回も重ねて作り上げられた京都府独自の銘柄豚のこと。


この豚は、緑豊かな丹波の自然の中、
京都府下の農家が特別の飼育管理マニュアルに基づいて、
丹精こめて生産した豚肉なのです。


しかも、豚肉の仕上げ時期には、抗生物質を一切使用していないため、
安全でおいしい豚肉として高い評価を得ています。


更には、「完全無添加」を徹底するため、
製造工場で他商品の成分が混じらぬよう、
機械を洗浄した翌日しか製造しないようにお願いしています。


こだわりぬいたゼロカーボポークは、
産地や原材料がはっきりしている「本物の無添加食材」であり
しかも、血糖値上昇や肥満の原因である糖質がゼロ



離乳食期の赤ちゃんから、お年寄りまで
どなたでも安心してお召し上がりいただけます。


次回は、ゼロカーボポークの高い栄養価について
お伝えしたいと思います。


タンパク質とビタミンBがたっぷり!!
豚肉と塩だけで作ったゼロカーボポークはコチラ
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年11月02日(火) 記事No.86
★☆ 健康お役立ち情報
 《 こんなにすごい!ゼロカーボポークの秘密 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第1回:糖質ゼロ!砂糖ゼロを実現!ゼロカーボポーク開発秘話。


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)を
しっかり摂ることによって健康的な体を取り戻すことが出来ます。


一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず、食事から摂る必要があります。
それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。


さて、今回のシリーズは、
人気商品「ゼロカーボポーク」について、詳しくお伝えしてまいります!
販売から約10ヶ月を過ぎて、今も多くの方にご愛顧いただいております。


おかげさまで「美味しい」「安心」「ホットドックセットなどが嬉しい」
などと嬉しいお声をいただいておりますが、

このゼロカーボポークシリーズをお客様に提供したいという想いが
伝わったのではないかと、スタッフ一同心から感謝しております。


このゼロカーボポークを開発するにいたって、
私たちがこだわった点は5つです。


糖質をゼロにすること
糖質をゼロにしながら、添加物を一切使用しないこと
●無添加とされる市販品にありがちな「砂糖」すらも入れないこと
●もちろん、美味しいこと!!
●原材料である豚肉そのものが新鮮で安全であること!


この5つにこだわりぬいて出来たのが
「ゼロカーボポークシリーズ」のハムとソーセージです。


最近では、糖質量を気にする食品が市販されるようになり
多くの方が身近に「糖質を制限すること」をご理解いただけるように
なりました。


しかし、残念ながら「糖質量」だけは低いけれど
添加物が多く、味付けをごまかしていたり、原材料をごまかしているものも
少なくありません。


一般的な肉加工品は、砂糖や水あめ、糖類などを多用し
主原材料が肉であっても、かなりの糖質量が含まれます。


また、原材料の質が悪いと、色々な添加物で味を調え
その分、価格は低くなりますが、
本物からどんどん遠ざかっている商品が多いのです。


もちろん、良心的に無添加とされるハムやソーセージも
ありますが、残念なことに、
つなぎとして砂糖を使われる場合が多いのです。


そこで私たちは「良質の豚肉」を使い、
使う調味料は「塩だけ」という肉加工品を開発することにしました。


そこで、ご縁があったのが「京都特産ぽーく」さんです。


京都の丹波地方で、できるだけ安全な豚肉を畜産し
その肉を使わせていただくことで、新鮮で安全な豚肉を
入手することが出来ました。


同時に、京都特産ポークさんとの共同開発により
調味料に「塩だけ」しか使わずに、ハムとソーセージを
作り出すことに成功しました。


しかし、当初の開発では、ハムは糖質ゼロになったものの
ソーセージが糖質ゼロに出来ませんでした。


そこで、再開発を行い、見事、ソーセージも
糖質ゼロを実現することが出来たのです。


ゼロカーボポークシリーズのように、
豚肉と塩だけで作られる肉加工品は業界初の試みだと思います。
添加物が一切入っていない、本物の味をお楽しみください。


タンパク質とビタミンBがたっぷり!!
豚肉と塩だけで作ったゼロカーボポークはコチラ
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年11月02日(火) 記事No.85
★☆ 健康お役立ち情報
 《 秋は基礎代謝アップの季節!基礎代謝を上げよう。 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第5回:ゼロカーボ食と運動で、基礎代謝を維持しよう。


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)を
しっかり摂ることによって健康的な体を取り戻すことが出来ます。


一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず、食事から摂る必要があります。
それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。


朝晩の空気も涼しくなり、
いよいよ、本格的な秋へになりつつありますね。


外気温と体温の温度差が出る季節は、
体温調節のためのエネルギーが沢山必要になるため

基礎代謝が向上する季節です。


この基礎代謝量は、季節による変化も伴いますが、
それ以上に関係してくるのが

「年齢」です。


基礎代謝とは、寝ているときでも消費されるエネルギーですが
成長期の子供が必要とするエネルギー量と、
高齢者が必要とするエネルギー量は異なるということは
ご想像いただけるものと思います。


人間には必ず老化という現象が起こります。
老化とは細胞の減少であり、それは、筋肉量の低下も意味します。


筋肉とは、腕や足につく筋肉だけでなく、
心臓などをはじめとする内臓も筋肉そのものです。


そのため、筋肉量が低下することで色々な問題が
起きやすくなるのです。


まず、筋肉を維持するだけでエネルギーは沢山消費されます。
そのため、筋肉量が不足すれば、エネルギー消費量が減り、
すなわち、「基礎代謝の低下」を招きます。



筋肉量の低下→基礎代謝の低下→肥満や生活習慣病の原因の一つ
となるわけです。


筋肉量を維持するために大切なのは、やはり運動です。

そして、忘れてはいけないのが
「タンパク質」をしっかり摂取することです。


タンパク質が不足していれば、筋肉になる材料が不足するため
いくら運動を行っても、質の良い筋肉は作られません。


加齢による基礎代謝の低下を防ぐためには
タンパク質の摂取と、運動が欠かせません。


これが「アンチエイジング」の基本でもあります。



自然の原理で、基礎代謝が向上するこの時期に
食事を見直し、同時に運動を行うことによって
一年を通して、「内側から燃えている体」を作りたいですね。


基礎代謝の向上をしっかり維持するために
炭水化物(糖質)を控え、タンパク質を十分に摂りながら
定期的な運動を実践しましょう。



ゼロカーボな食生活の主食に!
糖質ゼロ!タンパク質と食物繊維が豊富な健康ふすまパン!


そして、タンパク質とビタミンBがたっぷり!!
豚肉と塩だけで作ったゼロカーボポークもお勧めです。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年11月02日(火) 記事No.84
★☆ 健康お役立ち情報
 《 秋は基礎代謝アップの季節!基礎代謝を上げよう。 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第4回:やっぱり大事!「タンパク質」摂っていますか?


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)を
しっかり摂ることによって健康的な体を取り戻すことが出来ます。


一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず、食事から摂る必要があります。
それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。


やっと全国的にも涼しくなってきたようですね。

外気温と体温の温度差が出る季節は、
体温調節のためのエネルギーが沢山必要になるため

基礎代謝が向上する季節です。


基礎代謝とは寝ているときでも消費されるエネルギーですが
このエネルギー量が多いほど
血糖値がコントロールしやすくダイエット効果が高くなります。


この基礎代謝を正常に向上させるために、欠かせない栄養素は
やっぱり「タンパク質(必須アミノ酸)」です。


寒くなってくると、体が冷えてしまわないように
体温を維持する働きを行いますが

この体温を維持するためには、体内を十分に循環する血液と
全身の筋肉量が必要になります。


女性に多い「貧血」は、血液中の赤血球の数が少なくなるため
血液が末端まで届かず、冷え性になりやすくなります。


また、寒いときには「ブルブル」と震えますが、
これは、手足の骨格筋を震えさせて体温を上げるためです。
しかし筋肉が少ないと十分な温度を作り出せなくなってしまいます。


このような「血液(赤血球)」や「筋肉」の材料になっているのが
「タンパク質」なのです。


毎日の食事でタンパク質が不足すると、
毎日新しくなるはずの血液や筋肉細胞が減少していくことになります。


牛や馬のような草食動物は、草を食べるだけで
体内でアミノ酸(タンパク質)を作り出すことが出来ますが
人間にはそのような機能はありません。


人は、食事によってタンパク質を摂るしか方法がないのです。


基礎代謝という生きるために欠かせない機能を
正常に動かすためにも、タンパク質の不足は大きな問題です。


基礎代謝の向上をしっかり維持するために
炭水化物(糖質)を控え、タンパク質を十分に摂りましょう。



ゼロカーボな食生活の主食に!
糖質ゼロ!タンパク質と食物繊維が豊富な健康ふすまパン!


そして、タンパク質とビタミンBがたっぷり!!
豚肉と塩だけで作ったゼロカーボポークもお勧めです
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。