• 2010年01月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2010年01月25日(月) 記事No.52
★☆ 健康お役立ち情報
  《お肉を食べよう!!~コレステロールを恐れないで~ 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第2回 : 悪玉?善玉?コレステロールの誤解


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)をしっかり摂ることによって、
健康的な体を取り戻すことが出来ます。


一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず、食事から摂る必要があります。

それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。



前回のメルマガでは、

コレステロールというのは、とても大切な働きをする
必要不可欠な栄養素であることをお伝えしました。


コレステロールは細胞膜やホルモンの材料となるために、
全身に運ばれ、余った分があれば肝臓に戻されます。


しかし、
脂質であるコレステロールは、
そのままでは血液に解けることが出来ない状態です。


そこで、LDL、HDLと呼ばれるリポたんぱくを利用して
血液中を運びます。


つまり、宅急便のパッケージのようなものに入って
血液中を流れていくというわけです。


LDLというパッケージは、配送専用であり
HDLというパッケージは、集荷専用のようなもの。


このリポたんぱくで加工されたLDLが悪玉コレステロール、
HDLが善玉コレステロールと呼ばれているのです。


悪玉コレステロールといわれるLDLには
コレステロールを運ぶという大切な役目があるので、
悪玉だから出来るだけ減らした方がいい、というものではありません。


コレステロールは大切な栄養素です。
悪玉や善玉というのではなく、バランスが大切なのです。


コレステロール値は
実は、LDLとHDLのバランスが保たれていれば問題はなく、
LDLが増え過ぎたときに問題が起こるのです。


LDL増加の原因として、動物性脂肪の摂りすぎや
青魚などの不足が考えられるそうです。


LDL値を下げるためには

肉は脂肪の少ない赤身のものを選び
食物繊維をしっかり摂ることも大切なポイントです


ゼロカーボブランがおすすめする健康的な食生活では
肉についている脂肪はできるだけ取り除き、
また、肉だけでなく魚なども同時に取ることをお勧めしています。


食物繊維の摂取には、糖質ゼロの健康ふすまパンが最適です。


ゼロカーボな食生活の主食に!
糖質ゼロ!タンパク質と食物繊維が豊富な健康ふすまパンをどうぞ☆

『健康ふすまパン』の気になる成分表は、コチラからご確認ください。

スポンサーサイト
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年01月25日(月) 記事No.51
★☆ 健康お役立ち情報
  《お肉を食べよう!!~コレステロールを恐れないで~ 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第1回 : コレステロールって何だろう?


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)をしっかり摂ることによって、
健康的な体を取り戻すことが出来ます。


一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず、食事から摂る必要があります。

それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。


生活習慣病である動脈硬化や心筋梗塞など…
「コレステロールが原因」と呼ばれるものがあります。


コレステロールを多く含まれるという理由で
肉食を避けている方も多いのではないでしょうか?


実は、コレステロールというのは、とても大切な働きをする
必要不可欠な栄養素なんです。


コレステロールは細胞やホルモンの材料となるため
必要な物質として体内で作られます。


不足すると、ホルモンバランスが崩れたり
細胞が弱くなることで免疫力が落ちてしまうのです。


脂質の一種であるコレステロールは、
成人の体内の場合、約150g程度あると言われています。


そのうち、食事から摂られるコレステロールは2割程度とも言われ
ほとんどは、体内で作られています。


食事からのコレステロール摂取量が増えてしまっても
体内で作る量を減らして、バランスをとる機能がついています。


食事からとるコレステロール量は、
体内のコレステロール値にはあまり影響されないともいえるのです。


しかし通常であれば、コレステロールのバランスは保たれるのですが
年齢とともにコレステロール値があがってきます。


老化に伴うホルモンバランスが変わってしまったり、
体内の免疫力を強化するために必要な量を維持している可能性が
あるそうです。


日本のコレステロール値の基準は、
総コレステロール値が220mg/dl以上とされ、200mg/dl未満が
適正値とされています。


しかし、最近の長寿者(東京都小金井市など)を疫学的に調査した研究では、
コレステロール値は210~239mg/dlが長寿の数値という結果が出ています。


コレステロールが低すぎることで
脳卒中やガン、肺炎といった病気が増える傾向にあるとも
いわれています。


コレステロールが含まれる肉を控えすぎると
体内でコレステロールが作られ、同時に必須アミノ酸の摂取が
少なくなってしまいます。


コレステロールばかりに気をとられずに
長寿の秘訣として、肉や卵もしっかり食べることをお勧めいたします。


シリーズ第2回では、
悪玉コレステロールと善玉コレステロールについてご紹介します。


ゼロカーボな食生活の主食に!
糖質ゼロ!タンパク質と食物繊維が豊富な健康ふすまパンをどうぞ☆


『健康ふすまパン』の気になる成分表は、コチラからご確認ください。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2010年01月25日(月) 記事No.50
★☆ 健康お役立ち情報
  《体に大切な必須脂肪酸の話!~魚も食べよう~ 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第5回 : お魚も毎日食べましょう!


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)をしっかり摂ることによって、
健康的な体を取り戻すことが出来ます。


私たちの体は、健康を維持するために
食事から得た栄養を元に、体内でエネルギーや体を作る材料を作っています。


一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず、食事から摂る必要があります。


それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。


必須脂肪酸の働きをご紹介してきました。
改めて、その必要性についてまとめてみたいと思います。


必須脂肪酸は、「不飽和脂肪酸」であり、
「血液内をサラサラと流れる」脂肪で、体内に潤いを与えながら
細胞の代謝に必要な栄養素として働きます。


必須脂肪酸は、タンパク質(必須アミノ酸)のように
体を作る材料であり

特に重要なのが、「細胞膜」の原料となる働きです。


細胞膜は、細胞内へ栄養を渡す機能が有りますが
「必須脂肪酸」が不足していると、せっかくとった栄養も
きちんと利用されない場合も出てくるのです。



そのため、必須脂肪酸が不足し
体のバランスを保つ栄養が流れなくなると、

・皮膚疾患
・頭痛
・疲れやすい、体力不足、
・頭が働かない感じがする、
・炎症や不正出血
・関節のトラブル

その他、体調不良の原因にもなるそうです。


また、脂肪を取ることによって食欲中枢を抑制する物質が出るため
食べすぎを抑える働きもあるのです


これだけ大切な働きをする必須脂肪酸ですが
砂糖をはじめとする炭水化物(糖質)を一緒に食べてしまうと、
残念ながら、十分に吸収されなくなってしまいます。


精製された炭水化物(糖質)は体内で、
必須脂肪酸を食い荒らしてしまうといわれているからです


人間の体は約60兆個の細胞で作られています。


この細胞一つ一つが、元気で健康な状態であれば、
免疫力も向上し、病気や肥満予防になります。


炭水化物(糖質)を避け、
細胞のもう一つの材料であるタンパク質(必須アミノ酸)と
必須脂肪酸をしっかりとることでより健康的な細胞を作ることができます


必須脂肪酸が含まれる食品は、青魚が一番最適なものです。


毎日の食事の中で、肉や卵だけでなく
しっかりと魚も摂るようにしましょう。


糖質ゼロで、タンパク質もタップリ!
『健康ふすまパン』の気になる成分表は、コチラからご確認ください。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。