• 2009年12月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2009年12月09日(水) 記事No.49
★☆ 健康お役立ち情報
  《体に大切な必須脂肪酸の話!~魚も食べよう~ 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第4回 : ダイエットにも、必須脂肪酸が不可欠!?


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)をしっかり摂ることによって、
健康的な体を取り戻すことが出来ます。


私たちの体は、健康を維持するために
食事から得た栄養を元に、体内でエネルギーや体を作る材料を作っています。


一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず、食事から摂る必要があります。

それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。


ダイエットや肥満予防をされていらっしゃる方には
「脂肪」を摂ることを避ける方も多いかもしれません。


脂質、脂肪と聞くと、「中性脂肪」を思い出してしまい
食べると、そのまま「体の脂肪」となって太ってしまうのではないか?
と思われるようですが


実際には、消化吸収の過程があるため
食べた脂質が直接脂肪になって太る、ということはほとんどありません。


脂質は他の栄養素と比べてカロリーが高いため
ダイエットでは控える方も多いかもしれませんが

健康的にダイエットや肥満予防を行う場合には

脂質、特に【必須脂肪酸】はなくてはならないものなのです。


必須脂肪酸は、ホルモンの材料となることをお伝えしました。


体の機能をいろいろな場所でコントロールしている
プロスタグランディンというホルモン様物質だけでなく


「サイトカイン」というホルモン物質の材料にもなっています。


このサイトカインの働きは、体内の脂肪をエネルギーに変える
働きを持っています。


また、脂肪を摂ることによって
CCKと呼ばれる物質が胃の中で発生します。


これは、食欲中枢を抑制する働きがあるそうです。


つまり、必須脂肪酸は
脂肪燃焼には欠かせないホルモンの材料であり
食べすぎを抑える働きもあるのです。




脂肪は炭水化物(糖質)のように血糖値を上げないため
肥満ホルモンと呼ばれるインスリンの分泌がほとんどありません。



必須脂肪酸は、
しっかりと適量を摂ることによって、ダイエット効果も高まります。


しかし、必須脂肪酸が含まれる青魚を沢山食べたとしても、
同時に、砂糖をはじめとする炭水化物を食べてしまうと、
残念ながら、その必須脂肪酸は、十分に吸収されなくなってしまいます。




炭水化物(糖質)を避け、
タンパク質(必須アミノ酸)と一緒に必須脂肪酸をとることでより健康的な細胞を作り
生活習慣病予防やダイエット効果を高めることをオススメします。



糖質ゼロで、タンパク質もタップリ!
『健康ふすまパン』の気になる成分表は、コチラからご確認ください。
スポンサーサイト
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2009年12月09日(水) 記事No.48
★☆ 健康お役立ち情報
  《体に大切な必須脂肪酸の話!~魚も食べよう~ 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第3回 : 必須脂肪酸(不飽和脂肪酸)の不足が体調不良を起こす!?


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)をしっかり摂ることによって、
健康的な体を取り戻すことが出来ます。


私たちの体は、健康を維持するために
食事から得た栄養を元に、体内でエネルギーや体を作る材料を作っています。


しかし、一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず
必ず食事から摂るべきものがあります。


それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。



必要な脂質である「必須脂肪酸」は、

私たちの体の細胞膜やホルモンをつくる原料であり、
そのため体のほとんど全ての機能に関係していて、
体にとっては不可欠なものであるとご紹介しました。


青魚などに多く含まれる不飽和脂肪酸(必須脂肪酸)は、
文字通り、私たちが生きていく上では無くてはならない「必須」の栄養素です。


必須脂肪酸には「オメガ-6」と呼ばれている形の脂肪酸と、
「オメガ-3」と呼ばれる脂肪酸があります。


このうち「オメガ-6」と呼ばれる脂肪酸は、調理などに使われる
なたね油などの植物油に含まれているため、
ほとんどの人が摂りすぎている可能性もあるほど、不足することはありません。


逆に、青魚などに含まれる「オメガ-3」と呼ばれる脂肪酸は
ほとんどの人が不足しがちなのです。


この2種類の脂肪酸は体内では作れないため、食物から摂るしかありません。


体の機能をいろいろな場所でコントロールしている
プロスタグランディンというホルモン様物質がありますが、
この原料として「オメガ-3」や「オメガ-6」が必要になります。


これらの必須脂肪酸が不足すると、

・皮膚疾患
・頭痛
・疲れやすい、体力不足、
・頭が働かない感じがする、
・炎症や不正出血
・関節のトラブル

その他、不妊、流産、腎臓機能の低下なども知られています。


しかし、必須脂肪酸が含まれる青魚を沢山食べたとしても、
同時に、砂糖をはじめとする炭水化物を食べてしまうと、
残念ながら、その必須脂肪酸は、十分に吸収されなくなってしまいます。


砂糖や精製でんぷん質である白米や小麦などは
必須脂肪酸や、それを原料とするプロスタグランディンを
体内で、食い荒らしてしまうといわれているからです。


体内で作ることが出来ない「必須脂肪酸」をしっかり吸収するためにも
体内で作ることが出来るエネルギーにしかならない炭水化物(糖質)
出来る限り、避けることが重要です。


体調不良の裏側には「必須脂肪酸」の不足が考えられます。


健康維持のためにも、ダイエットのためにも、
炭水化物(糖質)を避けることが、大事なポイントなのです。



炭水化物(糖質)を避け、
タンパク質(必須アミノ酸)と一緒に必須脂肪酸をとることでより健康的な細胞を作り、
生活習慣病予防やダイエット効果を高めることをオススメします。



糖質ゼロで、タンパク質もタップリ!
『健康ふすまパン』の気になる成分表は、コチラからご確認ください。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2009年12月09日(水) 記事No.47
★☆ 健康お役立ち情報
  《体に大切な必須脂肪酸の話!~魚も食べよう~ 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第2回 : 必須脂肪酸(不飽和脂肪酸)の働き


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)をしっかり摂ることによって、
健康的な体を取り戻すことが出来ます。


私たちの体は、健康を維持するために
食事から得た栄養を元に、体内でエネルギーや体を作る材料を作っています。


しかし、一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず
必ず食事から摂るべきものがあります。
それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。


脂質には、大きく分けて飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があり、
ゼロカーボ理論では、飽和脂肪酸を避け、

「必須脂肪酸」である不飽和脂肪酸をしっかり摂るようにお伝えしております。


前回もご紹介いたしましたが、
ゼロカーボ(=糖質ゼロ)な食生活では、肉の脂身(動物性脂肪)などの
「飽和脂肪酸」は控えることをおすすめしております。

この「飽和脂肪酸」は、血液をドロドロにしてしまうからです。


しかし、「脂肪」がすべて体に悪いわけではありません。


私たちの体を保つのに必要な「脂肪」もあるのです。


それは、「不飽和脂肪酸」です。



不飽和脂肪酸は「必須脂肪酸」とも呼ばれ、
タンパク質同様、体になくてはならない栄養素です。


青魚に含まれる脂をはじめ、
オリーブオイルや亜麻仁油などの植物油からも摂ることができます。



不飽和脂肪酸は、タンパク質(必須アミノ酸)のように
体を作る材料となっています。


特に重要なのが、「細胞膜」の原料となる働きです。


人間は、約60兆個の細胞から出来ていると言われています。


細胞一つ一つが並ぶことによって、
内臓をはじめ、血管や筋肉などを形作っています。


細胞が新しくなるとき(代謝)、必須脂肪酸が不足すると
細胞内へ栄養を渡す機能が低下する場合があります。


細胞へ栄養が届かなければ、新しい細胞を作ることが難しく
タンパク質(必須アミノ酸)を摂っていても
その栄養素が、体の隅々まで行き渡らないという状態になるのです。


健康維持やダイエットの効果が落ちてしまうだけでなく、
細胞の機能が低下することによって、免疫力が落ちてしまったり
内臓や血管などがもろくなってしまいます。



力強く、健康な細胞こそが、健康な体を作ります。


健康維持のために、ダイエットのためには
必須脂肪酸は欠かせないものなのです。


タンパク質(必須アミノ酸)と一緒に必須脂肪酸をとることで
より健康的な細胞を作り、
生活習慣病予防やダイエット効果を高めることをオススメします。



糖質ゼロで、タンパク質もタップリ!
『健康ふすまパン』の気になる成分表は、コチラからご確認ください。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2009年12月09日(水) 記事No.46
★☆ 健康お役立ち情報
  《体に大切な必須脂肪酸の話!~魚も食べよう~ 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第1回 : 脂質恐怖症になっていませんか?


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(アミノ酸)、脂質(不飽和脂肪酸)をしっかり摂ることによって、
健康的な体を取り戻すことが出来ます。


私たちが食べ物から摂る栄養素として
三大栄養素と呼ばれるものがあります。


それは、

1.炭水化物(糖質)…エネルギーになる

2.タンパク質(アミノ酸)…体を作る材料、エネルギーになる

3.脂質(必須脂肪酸)…体を作る材料、エネルギーになる

この3つです。


このうち、
炭水化物(糖質)はエネルギーにしかならず
基礎代謝が低下している現代人には、余ってしまい脂肪になりやすく


血糖値を上げてしまうなどの影響を考えると
不要のものであるともいえます。


タンパク質(アミノ酸)は、前回までのメルマガでご案内したとおり、
体を作り、脳への神経伝達などにも欠かせない栄養が含まれ
不足が許されない栄養素です。


しかも、タンパク質には体内で作ることが出来ない
「必須アミノ酸」があります。


生きていくために必要な栄養素でありながら
必ず食事から摂らなくてはいけないものが「必須アミノ酸」です。


そして、もう1つ「必須」として
食事から摂るべき栄養素があります。


それは、脂質(必須脂肪酸)です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

脂質には「必須脂肪酸」と呼ばれ、
食事から摂る必要がある大切な栄養があります。


私たちがゼロカーボ(糖質ゼロ)な食生活をお伝えするとき
タンパク質が豊富なお肉を食べる場合には、脂身(動物性脂肪)は
取り除くようにご案内しています。


脂質には、大きく分けて飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸があり、
このうち、「必須脂肪酸」と呼ばれるものは「不飽和脂肪酸」のことです。


この飽和脂肪酸とは、
文字のごとく、「血液中で飽和しやすい」脂肪です。


つまり、血液内で溶けることなく流れてしまうため
血液のつまりを起こしたり、動脈硬化の原因になってしまいます。


お肉についている脂身は、飽和脂肪酸ですから、
ゼロカーボな食生活では、控えるようにお伝えするのです。


逆に「不飽和脂肪酸」は
「血液内をサラサラと流れる」脂肪で、体内に潤いを与えながら
細胞の代謝に必要な栄養素として働きます。


脂肪といえば、食べるとすぐに中性脂肪になる…といった
イメージを持つ人も多いため、避ける方が多いのですが、


脂質のうち「必須脂肪酸」と呼ばれる不飽和脂肪酸は
健康維持にも、ダイエットにも欠かせないものなのです。


不飽和脂肪酸は、魚に多く含まれるため
タンパク質摂取だけでなく、不飽和脂肪酸を得るためにも

肉だけでなく魚も定期的に食べることをお勧めいたします。


シリーズ第2回では、
不飽和脂肪酸の働きなどについてご紹介します。



ゼロカーボな食生活の主食に!
糖質ゼロ!タンパク質と食物繊維が豊富な健康ふすまパンをどうぞ☆

『健康ふすまパン』の気になる成分表は、コチラからご確認ください。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2009年12月09日(水) 記事No.45
★☆ 健康お役立ち情報
   《肉食主義になろう!~タンパク質の重要性について~ 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
     第5回 :  肉食主義になろう!!


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(アミノ酸)、脂質(不飽和脂肪酸)をしっかり摂ることによって、
健康的な体を取り戻すことが出来ます。


お肉にはタンパク質(アミノ酸)や代謝を助ける
ビタミン、ミネラルが豊富に含まれており私たちの体を維持するためには、
なくてはならないものであることをお伝えしました。


私たち日本人は、お米を主食とする文化があり
今もなお、その食生活が続いています。


不便な生活環境だった昔は、自分の体内で体温を維持し、
また、筋肉を維持する必要があったため、
基礎代謝量を高く維持することが出来ていました。


現代は、エアコンの普及や交通機関の整備により快適な気温環境の中で
体温を保つ機能は使われず、また、移動での運動量が減ってしまったために
筋肉を維持するなどの基礎代謝量がかなり落ちてしまっています。


その為、
エネルギーにしかならない炭水化物(糖質)を主食にしても
消費できない場合も多く、肥満や生活習慣病の原因となっています。


炭水化物(糖質)を主食にしていると、
消化量や食事量の個人差もありますが

タンパク質(アミノ酸)の摂取量が減ってしまう人が多いようです。


何度もお伝えしておりますが、
タンパク質をしっかり摂ることが、健康への近道です。


肥満や生活習慣病の原因となる炭水化物(糖質)を控え、
体の材料となりエネルギーとなるタンパク質(アミノ酸)を
しっかり摂りましょう。


しかし、残念ながら
タンパク質を中心とした食生活では食物繊維が不足しがちです。


食物繊維は第六の栄養素ともいわれ
消化や腸内環境改善のために必要な栄養素です。


食物繊維を摂取するとき、
出来るだけ糖質が少なく、食物繊維が多いものを
選ぶことが大切です。


食物繊維が多いとされる野菜類には
同時に糖質も多く含まれているため、
炭水化物(糖質)を控える食生活には不向きです。


糖質が少なく、食物繊維が多いのは
海藻類や、キノコ類などもありますが

かなりの量を食べないと、毎日の必要量が摂れないのが
難点です。


そこで、私達がオススメしているのが
「健康ふすまパン」なのです!!


健康ふすまパンは、糖質ゼロなだけでなく
原料の小麦ふすまに含まれる食物繊維がしっかり入っています。


不足しがちなタンパク質と食物繊維を補いながら
健康的に肥満解消&生活習慣病予防ができるのが

【 健康ふすまパン 】なのです!!


今こそ、心と体の健康の為に、
肉食主義にふすまパン!の食生活をお勧めします。



『健康ふすまパン』は、
原材料の小麦ふすまに含まれる食物繊維がタップリ!


しかも、タンパク質はバラ肉の2倍!
現代の私達にとって「新しい主食」として健康な食生活をサポートいたします。


『健康ふすまパン』の気になる成分表は、コチラからご確認ください。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。