• 2009年07月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2009年07月31日(金) 記事No.8
★☆ 健康お役立ち情報 《現代人にとって糖質は天敵!?》 / 全4回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
        第3回  : 糖質を断てば、血糖値は安定する!?


炭水化物や野菜に多く含まれている
糖質』を摂りすぎると、どうなるでしょうか?


糖質はエネルギー源としてしか利用されないのですが、


糖質がきちんと消費されないと、血液中に残り
血糖値が上がってしまいます(高血糖状態)。


それを安定させるために、インスリンというホルモンが分泌され、
血液中の糖質と結合して消費されます。


しかし、
消費されないまま、血中に糖質が残り
高血糖の状態が続いているのが


いわゆる『糖尿病』です。


糖尿病には2つのタイプ(1型・2型)があり
現代は『2型糖尿病』が激増していると言われています。


1型は、インスリンが分泌されない病気で
外から取り入れる必要があります。


一方、2型は体内でインスリンが分泌されているにもかかわらず
きちんと機能していない状態です(インシュリン抵抗性)。


インスリンは分泌されているのに、高血糖の危険を感じた脳が
さらにインシュリンを分泌させることになり


高血糖・高インスリン症という
メタボリックシンドロームの一因につながります。


つまり、
1型がインスリンを必ず取り入れる必要があるのと比べ、

2型は食事制限をして、インスリンを外から増やしても
結局は、インスリンが働かないため治療としての
効果はあまり期待できません。


2型の糖尿病の症状を安定させるには
インスリンの働きを良くする必要があります。


そのためには、
大元である、高血糖の状態を回避すること


つまり、
単純に糖質を断つことで、血糖値は下がっていくのです。
スポンサーサイト
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2009年07月30日(木) 記事No.7
★☆ 健康お役立ち情報 《現在人にとって糖質は天敵!?》 / 全4回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
  第2回 : なぜ『栄養バランスを考えた食事』で糖尿病に!?


炭水化物(=糖質)が三大栄養素の1つってことを
ご存知の方も多いかと思います。


しかし、炭水化物(=糖質)
たんぱく質のように《体を作る原材料》にもならず、
エネルギー源としてか使われません。


ですので糖質は『必須栄養素ではない』とさえ、
この現代ではいわれています。


また糖質は、体内でたんぱく質や脂肪からも
生成されることが可能なのです。


一方、たんぱく質や脂肪の原材料となる栄養素で
一部、人が体内で造れないものがあります。


これらは食事で摂取しなければ
健康のためにならない《必須栄養素》です。


これを『必須アミノ酸』『必須脂肪酸』
といわれるものです。


これらは大変重要な栄養素です。


なぜなら、新陳代謝に絶対必要なものだからです!!


それに比べ糖質は、体内でたんぱく質や脂肪から
造られるますし、わざわざ摂取する必要があるのでしょうか。。


このようにエネルギー源としか使われない糖質
また、必須栄養素といわれていない糖質


皆さんはこの糖質の在り方を
どのように思われますか?


また、たんぱく質が豊富で糖質が少ない
肉類はダイエット、健康のために控えよう…


さらに、たんぱく質が少なく糖質が多い
野菜は意識的に食べるようにしているこの現状…


そして、糖質が多いご飯、麺類、パンが
主食のこの現代人に糖尿病者が今、激増しています。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2009年07月29日(水) 記事No.6
★☆ 新・健康お役立ち情報 《現在人にとって糖質は天敵!》 / 全4回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
             第1回  : 実は『糖質』がタップリ!?


当社理論を大きくまとめ全5回にてお伝えしてまいりましたが
新シリーズよりさらに詳しく当社理論をお伝えさせていただこうと
思っております。


まず最初に《糖質》について
今一度、見直してみたいと思います。



では《糖質》と言えば
皆さんは何を思い出されますか?


一般的に砂糖やケーキ、チョコレートなどと
いったところでしょうか。


もちろん正解ですが、実はそれだけではないのです!


皆さんは今の野菜を食べてどう思われますか?
昔に比べ、食べやすくておいしいですよね!


しかし、それらには《糖質》がタップリなのです!!
         

特に根菜類のじゃがいも、サツマイモ、大根…
他にキャベツ、白菜、レタスなどの葉野菜も
糖質》が多く含まれているのです!!


さらにきゅうり、茄子、トマト、かぼちゃも同様です。


そして果物…

これは《糖質》の塊です!!


また、果物の《糖質》は
体にすぐに吸収されてしまいますので
糖質制限されている方にはおすすめできません!!


さらにご飯や麺類は唾液などで
糖質》に変えられてしまいますので
砂糖を食べているようなものです。


ちなみにお茶碗1杯分のご飯を食べると
スプーン約10杯から13杯分の砂糖を摂っている
のと同じになります。


ですが炭水化物の中には食物繊維が含まれており
これは体に吸収されず体外に出されるので
糖質とはいえません。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2009年07月28日(火) 記事No.5
★☆ ゼロカーボブランの『理論』とその『秘密』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
          【最終回】:常識を覆すこの『事実』… 


これまで、ゼロカーボブランの『理論』として

・炭水化物=糖質!?
・『"三大"栄養素の事実 』
・エネルギー(カロリー)と代謝の関係
・たんぱく質の《重要性》とその真実!

と、4回の連載をお送りいたしました。


これまでの内容をまとめながら、今一度、
皆さんがこの『事実』について理解を深めていただけたら
嬉しい限りです。


まずは、
ゼロカーボブランの理論の基本は

『「糖質」は現代人には不要な栄養素である』というものです。


糖質」は
体を動かすことだけに利用されるエネルギー源です。


エアコンも車も無かった時代と比べ現代人は体を使わなくなりました。


その分、体が必要とするエネルギー(=糖質)量は
少なくなっています。


しかし、
糖質を多く含む炭水化物や野菜を中心とした食生活は
昔と同じままです。

そのため、余分なエネルギーを取りすぎ
エネルギー(=糖質)が体内に蓄積されていきます。


これが、肥満の原因となっています。


逆に、
肉体を維持するために必要で

しかも、エネルギー源としても利用できる
すばらしい栄養素があるんです。


それは、『たんぱく質』です。


エネルギー源(糖質)は、たんぱく質や脂質でも、
体内で作ることが出来ます。

つまり、糖
『絶対に』必要な栄養素ではないといえます。


また、細胞を作るために必要なアミノ酸(=たんぱく質)の一部は
体内で作れないため、食事で摂る必要があります。


『たんぱく質』を十分に摂っておけば
細胞が活性化されるだけでなく、
糖質を取る必要もありません。


良質のたんぱく質を取るには
赤身の肉、魚、卵など動物性の食品から取ることが出来ます。


取り込んだ糖質は、
体内の代謝によって消費されるのですが


運動をしてエネルギーを消費(運動代謝)しても
全体の3割しか消費できません。


残る7割は、呼吸や筋力維持に使われる代謝(基礎代謝)によって
消費されます。


このような点から、肥満対策、健康維持のためには
基礎代謝を強化し、炭水化物=糖質を多く含む食品は絶ち
『たんぱく質』を豊富に含む食品を十分に取ることが大切なのです。


さて全5回でお届けいたしました
ゼロカーボブランの『理論』とその『秘密』…
ご理解いただけましたでしょうか?

当社の理論(医学博士 Dr.ARAKI理論)は
確たるものがあると信じております。

皆様やご家族様のより健康な生活の
ご参考にしていただけましたら幸いです。

また、次回より新シリーズの『健康お役立ち情報』を
ご案内させていただきます。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2009年07月27日(月) 記事No.4
★☆ ゼロカーボブランの『理論』とその『秘密』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
    第4回 : たんぱく質の《重要性》とその真実!


『運動代謝』で消費するエネルギーは『基礎代謝』より少なく、
ダイエットには、より多くのエネルギーを 消費させることの出来る
『基礎代謝』の大切さをお伝えしました。


そこで今回はもうひとつ大事な
《栄養素》たんぱく質についてのお話です。


さて、皆さんはたんぱく質についてどこまでご存知でしょうか?


実は、私たちの体は10万種類にも及ぶたんぱく質で構成され
また、そのたんぱく質はわずか20種類のアミノ酸の
組み合わせでつくられてます。


たんぱく質は

私たちの体の髪の毛・皮膚・内臓・骨など、
すべての細胞が日々壊れ、再生(=新陳代謝)されるための

  《原材料》として…

また…
  【生きていくため】に

必要不可欠な栄養素であるとお伝えしました。


つまり、生きていくため、普段の生活を送るために

《原材料》であるたんぱく質や、
それを構成しているアミノ酸の摂取が必要とされます。


実は、私たち人間の体は非常に良くできており
大抵のアミノ酸は体内で作ることができます。


しかし、どうしても体内で作れない
必要なアミノ酸が8種類あり、


これが、いわゆる必須アミノ酸です。
       

体内で作られないのであれば
食事から摂らなくてはなりません。


では、
実際どのような食品から摂取できると思われますか?


それは
動物性の食品を食べればいいのです!

  
~動物性の食品とは、
  脂身の少ない赤身のお肉やお魚や卵のこといいます~



これらの食品には、たんぱく質の量が非常に多く
"逆に"、『ダイエット』『健康』の天敵とされる
炭水化物=糖質の量が非常に少ないのです。



実際の数値で言いますと、
「赤身のもも肉」と比べ、「キャベツ」の方が、
炭水化物=糖質の量が87倍もの含まれているのです。



『ダイエット』だけでなく、『健康な生活』をお考えでしたら
炭水化物=糖質の量が非常に少なく、
体の再構成に必要な『たんぱく質』を豊富に含む食品


つまり、お肉やお魚や卵を食するのが
『本来の食生活』なのではないでしょうか…。


また、そんな炭水化物=糖質の量が非常に多い
野菜の《実態》をお伝えしました情報をHPにて


…ゼロカーボブランの『健康お役立ち情報』…
《ダイエットとメタボの天敵は糖質!?》


にて詳しくお伝えしておりますので
是非、一度ご覧ください!


   そこには、野菜の【驚きの真実】があります…



少し理解しづらい点もあるかと思います。

この内容は、インターネット上でもすでに公表されている情報です。
この機会に、是非お調べください。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2009年07月27日(月) 記事No.31
★☆ 健康お役立ち情報
     《糖質ゼロでダイエットしよう 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
       第2回 :「糖質ゼロ」にするだけでキレイに痩せる訳。


「ゼロカーボ(糖質ゼロ)ダイエット」は、


出来る限り【炭水化物(糖質)】の摂取量を減らして、
体に必要なタンパク質はしっかり摂ることで
健康的にダイエットできる方法です。


では、何故【炭水化物(糖質)】をカットすることが
ダイエットにつながるのでしょうか?



私たちが食事をする理由は、大まかに分けると…


●エネルギー補給
   …生活したり運動するための燃料補給


●人間の体を作る材料の補給
   …皮膚や髪、内臓にある細胞などの新陳代謝の材料補給


この2つになります。


このように必要な食事から取り入れる栄養素として
代表的なのが「三大栄養素」です。


【三大栄養素】
・炭水化物  (糖質+食物繊維)
・タンパク質 (必須アミノ酸など)
・脂質    (必須脂肪酸など)


このうち、
タンパク質と脂質は体を作る必要な成分が含まれますが


炭水化物(糖質)】は、
エネルギーとしてしか利用することが出来ません。



肥満になるのは、単純に、
食べた分のエネルギーをきちんと消費できないのが原因です。
(この場合「エネルギー」=「カロリー」ではありません。)


炭水化物(糖質)】は、エネルギーとしてしか利用できないため
食べた分をきちんと消費できない限り、
残った糖質は脂肪となり蓄えられていきます。


本来であれば、蓄積された脂肪からエネルギー利用すべきなのですが
毎日の食事で【炭水化物(糖質)】を摂りながら、それを消費できない限り、
エンドレスで脂肪が蓄積されていくことになります。


実は、
人の体は、即効性のある【炭水化物(糖質)】から
エネルギーとして利用するようにしています。


つまり、


体内に残っている「糖質」を使い切ったところで、
体に残っている脂肪をエネルギーとして使い始めることになるのです



最初から【炭水化物(糖質)】を摂らなければ、
体内に残っている脂肪をエネルギーとして利用し始めます。



実際のところ、

私たちの体に脂肪を溜め込む要因となるのは、
消費できずに体内に余ってしまう【炭水化物(糖質)】が問題なのです




次号は『炭水化物(糖質)をやめるリスク、やめないリスク』について
詳しくお伝えしていきますね。


『健康ふすまパン』なら
糖質ゼロ!だからダイエット中も安心してお召し上がりいただけます。

健康ふすまパン』の秘密もあわせてご覧下さい。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2009年07月26日(日) 記事No.3
★☆ ゼロカーボブランの『理論』とその『秘密』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
      第3回 : エネルギー(カロリー)と代謝の関係


"三大栄養素"の役割と働きから 炭水化物=糖質の栄養素は
"絶対に"必要な栄養素ではないとお伝えいたしました。


それは、

エネルギー源であるは、食品から直接摂取する以外にも
わたしたちの体内でたんぱく質や脂質から作り出すことが
出来るから、なのです!


今回はその“エネルギー(カロリー)”を
消費するために必要な『代謝』についてのお話です。


『代謝』は大きく2つに分けることが出来ます。


体を動かしていなくても、呼吸をする、心臓を動かす、
体温を保つなど、さまざまな生命活動のために

常に使っているエネルギー(カロリー)を

     『基礎代謝』といい

運動しているとき、体を動かしているときに
消費するエネルギー(カロリー)を

     『運動代謝』といいます。



みなさんはこのふたつの『代謝』のうち、
どちらがより多くのエネルギー(カロリー)を
消費していると思われますか?


一般的に『運動代謝』の方が、
消費するように思われる方も多いかと思います。


実は…


私たちのエネルギー消費の内、
運動代謝が占める割合はたったの3割なのです。
   

それに比べ、
基礎代謝による消費比率は7割をも占めています。


この事実をご存知でしたか?


『運動代謝』によるエネルギー消費量は
意外にも少ないものなのです!!


例えば…

1kgの体脂肪を落としたいとします。

脂肪1gあたり約9kcalですので、1kgだと…
約9,000kcalも消費しなければなりません。


少し極端な例になりますが約9,000kcalを消費するには
ウォーキング(早足)で東京から静岡(約170キロ)までの
距離を歩くことになるのです。


しかも、口にしていいのは水だけだとなれば、
実際に皆さんは実行できるものでしょうか?


このように、「ダイエット」のために運動をしても
思うように効果が得られない原因は、実はここにあったのです!



このようなことからも

『ダイエット』にはより多くのエネルギー(カロリー)を
消費させることの出来る『基礎代謝』について
再認識することが大切ではないでしょうか…。


少し理解しづらい点もあるかと思います。

この内容は、インターネット上でもすでに公表されている情報です。
この機会に、是非お調べください。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2009年07月25日(土) 記事No.2
★☆ ゼロカーボブランの『理論』とその『秘密』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
           第2回 “三大”栄養素の事実


炭水化物=糖質
体脂肪となって蓄積されていくこと…

それが肥満の原因になっていると
お伝えしました。


では、一般的に知られる
『炭水化物』や『たんぱく質』『脂質』などの
”三大栄養素”とは実際にどうような役割を
持っているのでしょうか。


まず、主な役割として
『炭水化物』と『脂質』はエネルギー源として働き、
『たんぱく質』は体を構成する成分となっています。


私たちの体は、筋肉というエンジンを
『炭水化物』や『脂質』といったガソリンを使用し
燃焼させることによって日々生活しています。


こうしてみると、ガソリンとして働く『炭水化物』は
生きていくために必要な栄養素であると思えますし、


実際
そのように思っておられる方も多いかも知れません…


しかし、皆さんもよくご存知かと思いますが、


私たちの体は髪の毛・皮膚・内臓・骨などの
すべての細胞は日々壊れては再生され、
作り変えられています。


つまり、人が【生きていくため】に
必要不可欠なことですよね。


その原材料に必要なのが『たんぱく質』で、
その成分は炭水化物には含まれてはいないのです!


しかし現在、私たちは炭水化物=糖質を中心とした
食生活を送っているために


たんぱく質の摂取量がどうしても不足がちになり
体の中で上質の細胞が作れなくなってしまっています。


実は…!!


体を動かすために必要なエネルギー源()は
私たちの体の中でたんぱく質や脂質から
作り出すことが出来るのです!


皆さんはこの事実をご存知でしたか?


つまり…

エネルギー源としてしか利用ができず、
消費できないと蓄積されてしまうだけの


炭水化物=糖質は『絶対に』必要な栄養素ではない
といえるのではないでしょうか…。


少し理解しづらい点もあるかと思います。

この内容は、インターネット上でもすでに公表されている情報です。
この機会に、是非お調べください。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2009年07月24日(金) 記事No.1
★☆ ゼロカーボブランの『理論』とその『秘密』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
           第1回 炭水化物=糖質!?


『ゼロカーボブラン』の考え方や理論を全5回に分けて、
皆様にお伝えしていきます。


是非、この理論を参考に皆様やご家族様のより健康な生活を
送られることを信じております。


さてさて、最近は本当に暑くなってきましたね(汗


そのため、エアコンの効いた室内で
静かに過ごすことも多いのではないでしょうか?


ですが、考えてみると、昔ってエアコンといった家電製品や自動車、
ガスや水道などの生活快適品ってなかったですよね。


その頃、人は自分のカラダで暑さ寒さに対処し、
何をするにも体を使わなくてはならない時代でした。


そのため、日常生活で活動するために
十分なエネルギーをとる必要がありました。


ご飯を主食とした炭水化物=糖質中心の食事をしていても、


年をかさね隠居生活をするまでは
生活習慣病などにはならずに済んでいたのです。


ところが現代の生活習慣は大きく変わり体温調節などの
基本的な活動がエアコンといった生活快適品に
依存するようになってきました。


エアコンに頼ってしまうだけでなく
運動はしていますか?


してない人の方が実際多いのではないでしょうか?


そんな風に、体を使うことが極端に少なくなっているのに
今の食習慣って昔のままですね。


だから、エネルギーとして消費されない
炭水化物=糖質が体脂肪となって蓄積されていくのです。


つまり…

これが、肥満の原因でもあるんです!



結局、現代人にとってエネルギー源にしかならない
炭水化物=糖質は無用のものどころか、
むしろ『毒』になってしまったと『Dr.ARAKI』は言っています。


このように『ゼロカーボブラン』では
糖尿病、高血圧症、脂質異常症などの生活習慣病や
ダイエットでお悩みの皆さんへ
健康お役立ち情報や、新しい食生活のご提案を
今後も、皆さんへお伝えしていきます。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。