• ゼロカーボ理論 カテゴリーの一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2011年02月23日(水) 記事No.101
★☆ 健康お役立ち情報
 《 肥満が引き起こす様々な病気 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第5回:糖質を控える食事が現代人を救う!



炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)を
しっかり摂ることによって健康的な体を取り戻すことが出来ます。


一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず、食事から摂る必要があります。
それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。


このシリーズでは、肥満による影響をお伝えしています。


特に「内臓脂肪型肥満」は病気になるリスクが高く
高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態を
いわゆる「メタボリック症候群=代謝異常」とされています。


内臓脂肪が増えるだけで、脂肪細胞から発せられる伝達物質が
インスリンの働きを邪魔をし、正常に働かなくなってしまうのが
「インスリン抵抗性」の状態です。


そして、働きが鈍くなるために追加して沢山分泌するため
インスリン過剰分泌が起こります。(高インスリン血症)


インスリンとは、
「血液中に含まれるブドウ糖(血糖)」を筋肉や脂肪などに運ぶ事で
血糖濃度を下げる、つまり血糖値を下げる役割を持つホルモンです。


さらに、このホルモンは別名「肥満ホルモン」とも言われ
インスリンの働きによって、更なる中性脂肪が増えてしまうのです。



肥満から高インスリン血症となり、ますます肥満状態が悪化し
悪循環によって、更に生活習慣病の合併などが起こってしまうのです。


では、この悪循環を断ち切るためにはどうしたらよいのでしょうか?


その方法が「糖質を控えた食事」をすることなのです。


インスリンというホルモンは、糖質摂取後の血糖値上昇によって
「血糖値を下げる」という働きのために分泌されるのです。


糖質さえ摂らなければ、インスリンが無駄に分泌される事はありません。


この「無駄なインスリン分泌を止めること」がとても重要です。
  

インスリンの分泌が少なくなれば、
血液中のインスリン濃度が低くなります。(高インスリン血症の改善)


血液中のインスリン濃度が低ければ、中性脂肪を作るスピードが落ち
これ以上の肥満悪化を防ぐ事ができます。


肥満悪化を防ぐ事ができれば、やっと「肥満解消」の第一歩となるわけです。


糖質はエネルギー源としてしか利用できない栄養素です。
つまり、食べたらすべてがエネルギーとなります。


体に中性脂肪としてエネルギーが余っている肥満の状態なのに
糖質というエネルギー源を摂れば、また中性脂肪が余ってしまい
肥満解消にはなりません。


糖質を控えた食事によって、食事によるエネルギー摂取を減らし
体内の脂肪を燃焼させる事ができるようになります。


このように「糖質を控える食事」を実践するだけで
生活習慣病の改善だけでなく、肥満解消も行う事が出来ます。


同時に、糖質を控える事によって血糖値の上下がなくなり
体内のバランスが整ってくるのです。


糖質を控える食事は、現代人にとって最善の食事方法です。
インスリン抵抗性の悪化を防ぎながら、同時に
肥満解消を実践しましょう。



ゼロカーボな食生活の主食に!
糖質ゼロ!タンパク質と食物繊維が豊富な健康ふすまパン!

 
そして、タンパク質とビタミンBがたっぷり!!
豚肉と塩だけで作ったゼロカーボポークもお勧めです。
スポンサーサイト
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(1) |  記事を編集 | 

2011年02月23日(水) 記事No.100
★☆ 健康お役立ち情報
 《 肥満が引き起こす様々な病気 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第4回:高インスリン血症から起こる様々な病気


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)を
しっかり摂ることによって健康的な体を取り戻すことが出来ます。


一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず、食事から摂る必要があります。
それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。


このシリーズでは、肥満による影響をお伝えしています。


特に「内臓脂肪型肥満」は病気になるリスクが高く
高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態を
いわゆる「メタボリック症候群=代謝異常」とされています。


前回のメルマガでは、
肥満によって「インスリン抵抗性」の状態になる事をお伝えしました。


「インスリン抵抗性」とは、
インスリンが分泌されていてもブドウ糖処理ができない状態で
インスリンによって運ばれるブドウ糖を細胞が取り入れてくれないのです。

これはインスリン感受性(細胞がインスリンを感じて働く状態)の低下とも言われます。


すい臓が頑張ってインスリンを出しているのに
血中のブドウ糖濃度(血糖値)が下がらないため

ますますすい臓がインスリンを分泌し、
血中のインスリン濃度が高まります。


これが「高インスリン血症」です。


このインスリン抵抗性から、高インスリン血症の状態が続く事で
様々な生活習慣病の原因を引き起こすのです。


血液中にインスリンが増えていると
腎臓でのろ過機能(ナトリウムなどのミネラル排泄など)が
低下するとされています。

糖尿病の合併症で腎不全を起こすのはこのためです。


腎臓でのろ過機能の低下により必要なミネラルを維持する事が難しくなり
体内のバランスが崩れ始めます。


また腎機能の低下により血管に水分が溜まり易くなり、
高血圧などが発生しやすくなります。


また、他にも大腸がんや不妊など幅広く影響する事が
わかっています。


多量のインスリンは交感神経を刺激するため
それによっても精神的にも様々な影響を起こします。


イライラしやすくなったり、鬱症状などが出やすくなります。
精神が不安定になるほど、自律神経へも影響していきます。


まずは、インスリン抵抗性の状態を防ぐ事によって
高インスリン血症を予防する事ができます。


糖質を控える事によって
インスリン抵抗性の悪化を防ぎながら、同時に
肥満解消を実践しましょう。


ゼロカーボな食生活の主食に!
糖質ゼロ!タンパク質と食物繊維が豊富な健康ふすまパン!


そして、タンパク質とビタミンBがたっぷり!!
豚肉と塩だけで作ったゼロカーボポークもお勧めです。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2011年02月23日(水) 記事No.99
★☆ 健康お役立ち情報
 《 肥満が引き起こす様々な病気 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第3回:「肥満」とインスリン抵抗性


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)を
しっかり摂ることによって健康的な体を取り戻すことが出来ます。


一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず、食事から摂る必要があります。
それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。


このシリーズでは、肥満による影響をお伝えしています。

特に「内臓脂肪型肥満」は病気になるリスクが高く
高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態を
いわゆる「メタボリック症候群=代謝異常」とされています。


肥満によって引き起こされることの一つに
インスリン抵抗性があります。


インスリンとは血液中のブドウ糖を処理し、
血糖値を下げる役割を持つホルモンですが

その働きが悪くなってしまうのです。


内臓脂肪が多いと、インスリン受容体の感受性が鈍くなり
糖をうまく受け取ることが出来なくなります。


するとはインスリンと分離して血液中にとどまってしまい
血液中のブドウ糖の量が減ることがなく、高血糖の状態にしてしまいます。


高血糖の状態が続くと、脳はインスリン不足と判断し
さらにインスリンを分泌させます。


しかし、それでも内臓脂肪の影響で糖を処理する事ができず
インスリンの働きや作用が次第に鈍くなっていくのです。


このようにして、インスリン抵抗性が強まっていくことで
高血糖・高血圧・高脂血症を引き起こすリスクも高まります。


こうした症状を総じたのが「メタボリックシンドローム」なのです。


肥満によるインスリン抵抗性が生活習慣病の引き金であり
肥満解消と同時に、インスリンの働きを正常化させることが

生活習慣病予防、改善に必要な事となります。


肥満の原因は糖質の過剰摂取であり、
また、インスリンを大量分泌させるものの糖質です。


インスリンの大量分泌は肥満につながり、
肥満によってインスリン抵抗性が悪化する…。


これは鶏と卵の関係であり、
どちらが先と言うものではありません。


とにかく、その原因となっている
糖質の摂取を控える事がとても重要になります。


糖質を控える事によって
インスリン抵抗性の悪化を防ぎながら、同時に
肥満解消を実践しましょう。



ゼロカーボな食生活の主食に!
糖質ゼロ!タンパク質と食物繊維が豊富な健康ふすまパン!

 
そして、タンパク質とビタミンBがたっぷり!!
豚肉と塩だけで作ったゼロカーボポークもお勧めです。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2011年02月23日(水) 記事No.98
★☆ 健康お役立ち情報
 《 肥満が引き起こす様々な病気 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第2回:「肥満」は生活習慣病発症の身体シグナル


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)を
しっかり摂ることによって健康的な体を取り戻すことが出来ます。


一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず、食事から摂る必要があります。
それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。


このシリーズでは、肥満による影響をお伝えしています。

特に「内臓脂肪型肥満」は病気になるリスクが高く
高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態を
いわゆる「メタボリック症候群=代謝異常」とされています。


肥満そのものは、直接「死」につながる事はありません。
しかし、肥満の状態によって生活習慣病の発症を引き起こしやすく
また、それらの合併症の発生率も高くなります。


肥満の方は、基準範囲内の体重を維持している人と比べ
発症率がかなり上がります。

・糖尿病… 5倍

・高血圧… 3.5倍

・胆石症… 3倍

・痛風…  2.5倍

・心臓病… 2倍


肥満によって体脂肪が増えると、
インスリン抵抗性が強まり、糖尿病のリスクが上がります。


高血圧や心臓病などは
肥満によって体の体積が増えるため、その分だけ血管を伸ばし
また、血流を増やさなければなりません。

血管抵抗が増すことで、高血圧になりやすく
心臓に負担がかかります。


また糖尿病になればその合併症として
腎不全、肝機能障害、神経障害なども引き起こします。


他にも、脂肪肝になるリスクも上がり
脂肪肝になれば、その後、肝硬変や肝ガンへの移行も考えられます。


生殖器にも影響し、
女性であれば、卵巣機能の異常、子宮がん、妊娠糖尿病などもあり
体型はやせていても、「内臓脂肪」が多い隠れ肥満であれば
発症リスクは同じように高まります。

男性では、前立腺がんや、性機能障害(ED)のリスクも高まるのです。


肥満の状態だけでは「病気」とはいえません。


しかし、肥満の状態が続くだけでこれほどの影響を引き起こすのです。


特に、内蔵型脂肪は「隠れ肥満」とも言われ、
見た目は太っていなくても、内臓に脂肪が多くついている場合も
ありますので、

見た目だけで判断する事はできません。


隠れ肥満を確認するためには
日々の体脂肪率などをしっかりチェックする必要があります。


体型や見た目に惑わされず、しっかりと自分を理解しましょう。


特に、糖質が好きな方で、肥満体型ではない方は要注意です。

中性脂肪を作る原因は「糖質」の過剰摂取ですので
自分ではダイエットの必要がないと思いながら、甘いものを食べ続けたり
主食メインの食事を続けていると、

知らず知らずのうちに隠れ肥満になっているかもしれません。


肥満は生活習慣病発症のリスクを教えてくれる
大切な「シグナル」です。

しっかりキャッチして、健康維持に努めましょう。


まずは、体脂肪を作る原因となる「糖質」を控え、
毎日の食習慣を改善する事がメタボリックシンドロームの
改善の第一歩です。



ゼロカーボな食生活の主食に!
糖質ゼロ!タンパク質と食物繊維が豊富な健康ふすまパン!


そして、タンパク質とビタミンBがたっぷり!!
豚肉と塩だけで作ったゼロカーボポークもお勧めです。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2011年02月23日(水) 記事No.97
★☆ 健康お役立ち情報
 《 肥満が引き起こす様々な病気 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第1回:メタボリックシンドロームとは…


炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)を
しっかり摂ることによって健康的な体を取り戻すことが出来ます。


一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず、食事から摂る必要があります。
それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。


「メタボリックシンドローム」「メタボ」など
肥満の代名詞のように使われ、すっかり定着した言葉になりました。

実は、この言葉は2005年から使われ始めた新しい単語です。


さらには、2008年4月から始まった特定健診制度
(糖尿病等の生活習慣病に関する健康診査)より

メタボリックシンドロームの概念を応用して
糖尿病対策を行う事を目指し特定健診の実施を義務化されはじめたばかり…。


これだけすぐに定着した背景として
誰もが「肥満」や「生活習慣病」について関心が高かったせいでしょう。


メタボというと太っている人というイメージですが
本来の意味は…


「メタボリック」=「代謝」

「シンドローム」=「症候群」

を混ぜ合わせた造語です。


代謝異常によって身体にみられるようになった病的な変化や
複数の変化が絡まってみられる病的状態のことで


その中でも特に「内臓脂肪型肥満」に
高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態をいいます。


このメタボリックシンドロームの重要な鍵が
「内臓脂肪型肥満」といえます。


これが、メタボ=太っている人、というイメージにつながったんですね。


肥満には大きく分けて

・皮下脂肪型肥満
・内臓脂肪型肥満

の2種類があります。


どちらも体脂肪による肥満ではありますが
そのつき方によって、体への影響も異なります。

皮下脂肪型と比べて、内臓脂肪型の肥満は
生活習慣病になりやすいと報告されており、

メタボリックシンドロームは内臓脂肪型に着目された症状なのです。


皮下脂肪型肥満というのは、文字通り皮膚の下に脂肪があります。
お腹が出てつまめるようなわかりやすい肥満体型になります。


しかし、内臓脂肪型肥満は「体の中の見えない体脂肪による肥満」です。

これは、見た目ではわからないため標準体型でも
内臓脂肪型肥満になっている場合も多くあるのです。


内臓脂肪と皮下脂肪では、エネルギーとしての利用方法も違います。

どちらも体脂肪が脂肪細胞内に合成、備蓄されたものですが


例えるなら、内臓脂肪は毎日利用できるの普通預金、
皮下脂肪はいざというときに備える定期預金のようなものです。


内臓脂肪はたまりやすいのですが、
同時に、消費もしやすいのが特徴です。


だからこそ、毎日の食生活や運動によって改善する事が可能なのです。


体脂肪は糖質の過剰摂取により余ったエネルギーが中性脂肪となり
それが、それぞれの脂肪として備蓄されるものです。



体脂肪を作る原因となる「糖質」を控え、
毎日の食習慣を改善する事がメタボリックシンドロームの
予防となるのです。


ゼロカーボな食生活の主食に!
糖質ゼロ!タンパク質と食物繊維が豊富な健康ふすまパン!

 
そして、タンパク質とビタミンBがたっぷり!!
豚肉と塩だけで作ったゼロカーボポークもお勧めです。
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(0) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。