--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2011年02月23日(水) 記事No.101
★☆ 健康お役立ち情報
 《 肥満が引き起こす様々な病気 》 / 全5回
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★
第5回:糖質を控える食事が現代人を救う!



炭水化物(糖質)を控え、
タンパク質(必須アミノ酸)、脂質(必須脂肪酸)を
しっかり摂ることによって健康的な体を取り戻すことが出来ます。


一部の栄養素は、体内で作ることが出来ず、食事から摂る必要があります。
それが、必須アミノ酸(タンパク質)と必須脂肪酸(脂質)です。


食事からしか得ることができない必須アミノ酸と必須脂肪酸をしっかり摂り
体内で作ることの出来るエネルギー(糖質)は控えるのが
私たちゼロカーボブランがオススメしている健康的な食生活なのです。


このシリーズでは、肥満による影響をお伝えしています。


特に「内臓脂肪型肥満」は病気になるリスクが高く
高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態を
いわゆる「メタボリック症候群=代謝異常」とされています。


内臓脂肪が増えるだけで、脂肪細胞から発せられる伝達物質が
インスリンの働きを邪魔をし、正常に働かなくなってしまうのが
「インスリン抵抗性」の状態です。


そして、働きが鈍くなるために追加して沢山分泌するため
インスリン過剰分泌が起こります。(高インスリン血症)


インスリンとは、
「血液中に含まれるブドウ糖(血糖)」を筋肉や脂肪などに運ぶ事で
血糖濃度を下げる、つまり血糖値を下げる役割を持つホルモンです。


さらに、このホルモンは別名「肥満ホルモン」とも言われ
インスリンの働きによって、更なる中性脂肪が増えてしまうのです。



肥満から高インスリン血症となり、ますます肥満状態が悪化し
悪循環によって、更に生活習慣病の合併などが起こってしまうのです。


では、この悪循環を断ち切るためにはどうしたらよいのでしょうか?


その方法が「糖質を控えた食事」をすることなのです。


インスリンというホルモンは、糖質摂取後の血糖値上昇によって
「血糖値を下げる」という働きのために分泌されるのです。


糖質さえ摂らなければ、インスリンが無駄に分泌される事はありません。


この「無駄なインスリン分泌を止めること」がとても重要です。
  

インスリンの分泌が少なくなれば、
血液中のインスリン濃度が低くなります。(高インスリン血症の改善)


血液中のインスリン濃度が低ければ、中性脂肪を作るスピードが落ち
これ以上の肥満悪化を防ぐ事ができます。


肥満悪化を防ぐ事ができれば、やっと「肥満解消」の第一歩となるわけです。


糖質はエネルギー源としてしか利用できない栄養素です。
つまり、食べたらすべてがエネルギーとなります。


体に中性脂肪としてエネルギーが余っている肥満の状態なのに
糖質というエネルギー源を摂れば、また中性脂肪が余ってしまい
肥満解消にはなりません。


糖質を控えた食事によって、食事によるエネルギー摂取を減らし
体内の脂肪を燃焼させる事ができるようになります。


このように「糖質を控える食事」を実践するだけで
生活習慣病の改善だけでなく、肥満解消も行う事が出来ます。


同時に、糖質を控える事によって血糖値の上下がなくなり
体内のバランスが整ってくるのです。


糖質を控える食事は、現代人にとって最善の食事方法です。
インスリン抵抗性の悪化を防ぎながら、同時に
肥満解消を実践しましょう。



ゼロカーボな食生活の主食に!
糖質ゼロ!タンパク質と食物繊維が豊富な健康ふすまパン!

 
そして、タンパク質とビタミンBがたっぷり!!
豚肉と塩だけで作ったゼロカーボポークもお勧めです。
スポンサーサイト
ゼロカーボ理論 |  トラックバック(0) |  コメント(1) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。